太陽光発電が注目されている理由について

太陽光発電が注目され出したのはここ数年

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新の発電パネル


現在、太陽光発電は大きな注目を浴びています。何もソーラー発電は最近開発された新技術というわけではありません。40年以上前から実用化されていました。なのに、何故今になって注目されているのでしょうか。

それには、様々な理由が挙げられます。

  • 電力不足
  • エコへの関心の高まり
  • 東日本大震災と原発問題
  • 新制度の開始

などなど・・・

いろんな理由が複合して、今の太陽光発電ブームが起きているのです。

スポンサーリンク


注目される太陽光発電


太陽光を使った発電そのものは、40年以上前にはすでに実用化されていました。しかし、一般家庭には全くと言っていいほどに普及していませんでした。1993年の時点では、年間の利用者増加数は年間1000世帯にも達していませんでした。

ですが、ここ数年で急激に利用者が激増しています。2010年には、増加数が年間に10万世帯を超えました。そして、2011年には太陽光発電の利用者数が累計100万世帯を超えました。ただ流行っていると言われているだけではなく、数字の上でも実際に増加していっているのです。

注目される理由


注目を浴びている理由には、様々なものが挙げられます。

<電力不足の深刻化>

東日本大震災とそれに伴う原発事故によって、日本のエネルギー構造は大きな転換期を迎えています。夏が来るたびに、深刻な電力不足が心配されるようになりました。電気料金も高騰しつつある現在、相対的に太陽光のメリットは大きくなってきています。

<エコへの関心>

地球温暖化や化石燃焼の枯渇が全世界で叫ばれています。今までの発電方法では、地球が駄目になる・・・と感じる人も多くなっています。それに伴って、自然にやさしいエネルギー「再生可能エネルギー」にも注目が及ぶようになっています。自然エネルギーの代表格が、太陽光です。

地球温暖化まるわかりも参照のこと

<新制度の開始>

余剰電力の高価買取制度。さらには、全量買取制度なども導入されはじめました。政府が国を挙げて太陽光の普及を推進していっているのです。このような仕組みが整備され、太陽光発電の最大のデメリットの価格・費用についてもかなり緩和されはじめました。導入すれば得をする、この単純な原理が実現されたからこそ、今みんなが注目しているわけです。

<利用者増加>

利用している人が増えれば、当然ながら太陽光発電は身近なものとなってきます。口コミや評判などで、ソーラー発電の良さを知る機会も増えてきています。利用者が利用者を呼ぶ、このようなメカニズムも大きく影響をしています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント