工事に関すること

工事に関すること

「太陽光発電システムを設置すると雨漏りをする」という話を耳にしたことがある人もいるでしょう。この話が本当か嘘かというとどちらも正解です。施工技術の低い業者に依頼をすると雨漏りをする可能性はあります。逆に高度な施工技術を持つ業者なら安心して依頼ができますし、雨漏りをすることもありません。太陽光発電を設置するなら、絶対に腕のある施工業者に依頼するようにしましょう。雨漏りの原因とは?太陽光発電システムの...

太陽光発電の設置工事をするにあたり、足場の設定が必要かといえば、必ずしもそうとばかりはいえないようです。実際に足場を設置する費用もパネルの設置依頼者にかかってくるものですし、近隣との兼ね合いもあり、足場を組まずに作業して欲しいと考えている依頼者も多いのが現状です。足場の必要性周りの家を見まわしていただいても分かるように、屋根の形態も平らなものから、傾斜が急なものまでいろいろあります。太陽光発電パネ...

基本的に、TVアンテナがある屋根であっても、太陽光発電は設置が可能です。ただし、南側にテレビのアンテナがある場合やアンテナが太陽光パネルを傷付けてしまう可能性のある場合には、アンテナの移動が必要となります。TVアンテナの移動が必要になるケース最近ではアンテナのない家も見かけますが、大抵はどの家庭でもTVのアンテナはついています。TVのアンテナが付いているからといって、太陽光発電のパネルが付けられな...

太陽光発電システムを設置するときは、普通は建物の屋根の上に設置します。太陽光発電で使われるパネルを設置するときは、1枚や2枚では足りません。つまり、屋根の上で相当の場所を必要としますから、できれば広々とした屋根を持っているほうが好都合です。※ただし、太陽光発電パネルの出力量や発電量は、メーカーや型式によってかなり異なります。よく導入業者に相談すれば、屋根の面積が広くない場合でも、設置面積を最小限に...

傾斜がなくて水平な屋根(「陸屋根」と呼ばれます)の場合、太陽光発電パネルを設置できないと思い込んでいる人たちが多いようです。確かに太陽光発電システムでは、太陽光をパネルに当てるときの角度によって発電量が変わります(水平にパネルを設置したときは、効率のよい発電は望めなくなります)。しかし、設置方法を工夫すれば、陸屋根の場合でも十分な発電量を引き出すことができます。現に陸屋根を持つ家屋やマンションでも...

太陽光発電パネルが屋根に設置されているからといって、パネル自体に雪を溶かすほどの温かさはありません。ですから、当然パネル上に雪は積もります。太陽光発電パネルは表面が滑らかなため、一気に雪が滑り落ちることがあります。もし滑り落ちた雪の下に、人がいたら大けがになってしまいますし、隣の家の車の上に滑り落ちれば、何らかのトラブルになる可能性も考えられます。しっかりとした雪対策が必要なのです。雪国に向け太陽...

page top