太陽光発電の陸屋根への設置について

太陽光発電は陸屋根でも設置できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

傾斜がなくて水平な屋根(「陸屋根」と呼ばれます)の場合、太陽光発電パネルを設置できないと思い込んでいる人たちが多いようです。確かに太陽光発電システムでは、太陽光をパネルに当てるときの角度によって発電量が変わります(水平にパネルを設置したときは、効率のよい発電は望めなくなります)。

しかし、設置方法を工夫すれば、陸屋根の場合でも十分な発電量を引き出すことができます。現に陸屋根を持つ家屋やマンションでも、太陽光発電システムはよく使われています。

陸屋根に太陽光発電システムを設置するとき


陸屋根に太陽光発電システムを設置するときは、架台に角度をつけて太陽光を効率よく吸収できるように工夫します。しかしこのときはかなり手間がかかる工事を行う必要が発生します。陸屋根の上では風の影響を受けやすいため、屋根にしっかりと固定させる必要があるためです。

この工事では多くの場合屋根に穴を開けることになりますが、そのときに防水工事を行う必要が発生することも多いですね(防水工事を行わないでおくと、穴から雨や雪がだんだんと侵入するために数年〜十数年が経過すると大きな亀裂が生じてしまう恐れがあります)。

スポンサーリンク


※ときどき、かなり格安の料金体系で陸屋根への太陽光発電システムの設置工事を請け負う業者がいるようですが、まともな工事を行ってくれない可能性があります。その場合は、台風の襲来時のような強風が吹いたときに太陽光発電パネルが外れてしまう恐れがありますから注意が必要です。

陸屋根に太陽光発電システムを設置するときは、普通の屋根に設置するときと比べて、コストや時間が通常よりもかかってしまうことが多いです。

※ただし、最近では技術が進歩したために、屋根に穴を開けなくて済む方法を開発している業者もいます(どんな陸屋根でもその工事方法を使えるとは限りません。この方法を希望する場合は、屋根の構造上問題がないかどうかを業者によく調べてもらう必要があります)。

陸屋根に太陽光発電システムを設置して大成功を収めた人もたくさんいます


陸屋根を持つ注文住宅が増えていると、最近よくいわれています。陸屋根に太陽光発電システムを設置するときは、工事のために余分やコストや時間がかかってしまうことがほとんどですが、その分、最適な向きと最適な角度でパネルを設置することができるので、結果的に発電量が増え、かかったコストを早い段階で取り返すこともできます。

陸屋根に太陽光発電システムを設置する場合は、業者とよく話し合って、発電量を最大化できる設置方法を探り出しましょう。

※最近の技術の進歩は非常に素晴らしく、陸屋根だけではなくさまざまな条件を持つ屋根であっても太陽光発電システムを設置できるようになっています。技術力が高くて信頼のおける業者をよく選んで、最適な設置方法を見つけ出してください。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント