太陽光発電の設置に必要な屋根面積について

太陽光発電の設置に必要な屋根面積とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムを設置するときは、普通は建物の屋根の上に設置します。太陽光発電で使われるパネルを設置するときは、1枚や2枚では足りません。つまり、屋根の上で相当の場所を必要としますから、できれば広々とした屋根を持っているほうが好都合です。

※ただし、太陽光発電パネルの出力量や発電量は、メーカーや型式によってかなり異なります。よく導入業者に相談すれば、屋根の面積が広くない場合でも、設置面積を最小限に抑えてもらうことも可能です。現在は、多くの家庭では18〜50uくらいの設置面積になることが多いようです。

太陽光発電パネルは何枚くらい並べるのか?


太陽光発電システムの設置でまず確認しないといけないことは、「どれくらいの発電量がほしいか?」という点です(ほとんどの家庭では3kW〜5kWくらいの発電量で使っています)。

太陽光発電パネルは業者によって、最大出力や面積が違いますが、最近の業者は200Wくらいの最大出力を持っていて、1.2uくらいの面積を持っている太陽光発電パネルを販売していることが多くなりました。この数値を使ってどれくらいの面積が必要なのか計算することができます。

スポンサーリンク


200Wのパネルで3kWの発電量をほしいなら、

  • 3kW÷200W=15

200Wのパネルで5kWの発電量をほしいなら、

  • 5kW÷200W=25

つまり、パネルが15枚〜25枚必要になるということです。1.2uのパネルを使うとしたら、

  • 1.2u×15=18u
  • 1.2u×25=30u

つまり一般家庭では、18u〜30uくらいの設置面積が必要になるというわけですね。

※もっとも、業者によってはもう少し最大出力が低い太陽光発電パネルを販売していることもありますし、屋根の形状によっては、かなり小型のパネルしか設置できないということもあります。

ここで、もうひとつ例をあげてみましょう(業者によって太陽光発電パネルの発電力には差があるわけですが、比較的発電力が低いパネルを扱う業者に依頼した場合です)。

業者によっては「1kWの発電量を確保するには10uの面積が必要となるパネル」を設置しているケースもあるそうです。このケースで、3kW〜5kWくらいの発電量をほしいときの面積を計算するなら、

  • 3kW×10u=30
  • 5kW×10u=50

つまり、30〜50uの面積が必要になったという例もあるのです。

ここまでの流れをまとめると、一般家庭に普及している3kw〜5kwくらいの発電量を発揮できるシステムを選ぶなら、狭く抑えられた場合で18uくらい、かなり広くなった場合で50uくらいの面積になる、ということになります。

優秀な業者に相談すれば、面積や予算等の条件に合わせてシステムを設置してくれます


太陽光発電パネルの総合設置面積を左右する条件にはさまざまなものがあります。

  • 屋根の形状
  • 屋根の方位
  • 屋根の勾配

※たとえば、屋根に水平な部分が少ない場合や、水平な部分があっても四角形ではない場合は、かなり小型のパネル(0.5uに満たないパネルも販売されています)を選んで対応することが多いですね。

このほか、各家庭で「どれくらいのコストを捻出できるか」によっても左右されます。「あまりコストは出せない。しかし屋根の上にたくさんのパネルを設置できる」ということであれば、「最大出力値が低いものの、安いパネル」をたくさん使って必要な発電量を確保することも考えられますし、「屋根の上に使える部分が限られているものの、コストには余裕がある」ということであれば、「わりと高額ではあっても、最大出力値がその分とても高いパネル」を設置して、必要な発電量を確保することも考えられるわけです。

屋根が狭かったり設置しにくそうな形状をしていたりする場合でも、業者に相談すれば、その条件に合わせて太陽光発電システムを設置することは十分に可能なのです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント