太陽光発電は雨漏りの原因について

太陽光発電は雨漏りの原因になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「太陽光発電システムを設置すると雨漏りをする」という話を耳にしたことがある人もいるでしょう。この話が本当か嘘かというとどちらも正解です。施工技術の低い業者に依頼をすると雨漏りをする可能性はあります。

逆に高度な施工技術を持つ業者なら安心して依頼ができますし、雨漏りをすることもありません。太陽光発電を設置するなら、絶対に腕のある施工業者に依頼するようにしましょう。

雨漏りの原因とは?


太陽光発電システムの導入後に最も多いトラブルがこの「雨漏り」です。もちろん、屋根に取り付けることになるのですが、太陽光パネルの重さは300キロから500キロほどあります。

そのため屋根の規格などの調査が不十分だと、設置後屋根がその重みに耐えられなくなり雨漏りの原因となってしまうのです。

スポンサーリンク


また、施工業者のミスで屋根の防水シートに穴をあけてしまうケースがあるようです。屋根の劣化などの原因となりますので、これも安全性の面で大きな問題となってしまいます。悪質な業者が増えたことが、この雨漏りが増えた原因といわれています。儲け主義の悪質業者は屋根の調査などを行わず設置してしまうため、当然トラブルになってしまうのです。

雨漏りのトラブルに合わないためには、やはり確かな技術を持った施工業者に設置を依頼することです。施工実績が豊富な、確かな技術を持った施工業者を選択するようにしましょう。極端に費用を低く設定している業者などは、特にトラブルが多いといいます。施工費用の相場なども施工業者選びの参考にしてください。

雨漏りを防ぐための工事方法


雨漏りをするといわれる太陽光発電は、屋根に穴を開けて設置する工事方法を採用していると考えられます。最近は雨漏り対策の工事方法が頻繁に用いられるようになってきました。

通常は屋根に穴をあけてボトルで太陽光パネルを固定するのですが、穴を開けずに特殊な器具などを使用して固定する方法や防水加工された器具で固定する方法、溶剤溶着や熱処理で結合するものなどそれぞれ雨漏り対策が施された施工方法がたくさん出てきています。

また、以前に比べ屋根に負担のかからないよう軽量化が進んでいます。そういった太陽光発電パネルや設置方法を選択することで、雨漏りのトラブルは格段に減らすことができるのです。

太陽光発電の設置も優良業者にお願いすれば、確かに安心した技術は保障されますが、絶対に雨漏りをしないと決まったわけではありません。人に手によって施工されるものなので、どこかで不具合が生じる可能性もあるからです。

より高い安心感を得られるように、雨漏りなどのトラブルが生じたときの修理保証をしてくれる業者に依頼することをお勧めします。独自の保証を付けている業者も多々あるので、万が一トラブルに備えてこういった保証のある業者に設置をお願いしましょう。尚、優良業者を探すなら『太陽光発電無料一括見積もりサイト』がおすすめです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top