太陽光発電の工事期間について

太陽光発電の工事期間は長くても二週間程度

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムの工事をしている様子


太陽光発電のシステムを導入すると決めた場合、工事の期間がどれくらいかかるのか?という点も気になると思います。もしも長期にわたって工事が行われるのなら、御近所さんへ断っておくなどの配慮が必要となってきます。しかし、ご安心ください。太陽光発電の工事自体は、そこまで長い期間はかかりません。早ければ1日、長くても二週間程度で設置工事は完了します。

新築の場合


太陽光発電を新築に際して導入しよう、と思っている場合。工事は住宅の建設工事を同時進行で行われます。工事自体にはほとんど時間がかからないので、設置のために建築期間が延びてしまうという心配もほとんどありません。家の建築現場を利用することができるので、足場を組むなどの手間・費用も省けます。

また、配線も家の内部に組み込むことができるので、見た目がスッキリするというメリットもあります。家を新しく建てようと思っている場合、同時に太陽光発電も導入した方がメリットが大きいのです。

スポンサーリンク


既にある住宅に取り付ける場合


既存の建物に後からソーラーシステムを取り付ける場合。新築の場合よりも、大目に手間・時間がかかります。屋根の構造が特殊で、足場となる不安定な場合には、家の外側に足場を新たに作って取り付けなければなりません。この工事には1週間程度が必要となってしまいます。

本工事自体は1〜3日で終了します。

工事の内容は…

  • 1.パネルの設置
  • 2.配線
  • 3.モニターの取り付け
  • 4.パワーコンディショナーの接続

などなど…

工事の期間は短い方がいいのですが、1日で仕上げることができます!と謳っている業者には、少しばかり注意をする必要があるかもしれません。太陽光発電は、屋根という住宅の中でも最も目立つ場所に取り付けます。

  • パネルが若干斜めになっている・・・
  • 配線が目立つ・・・

などの不具合がでてしまったら、大変ですよね。

太陽光発電システムの取り付けには、ある程度のマニュアルがあります。それにきちんと従って取り付けをしているのか、ということは非常に重要です。実際にその業者が取り付けたパネルの写真などを見せてもらって、きちんとチェックするようにするといいでしょう。

太陽光発電の設置工事には、1〜14日程度の期間が必要となります。短ければいい、というものでもないので、丁寧な仕事をしてくれるのかどうかという点をきちんと確認するようにしましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント