太陽光発電の詐欺について

太陽光発電に詐欺はある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムは、社会で広く「理想的なエネルギー供給システム」として認知されています。しかし、注目される商品やサービスについては、悪質な業者が乗り込んでくるものです。太陽光発電システムもその例外ではなく、詐欺行為が多数摘発されています。消費者は、詐欺に遭わないようにするために、どんな手口がよく使われているのか知っておくべきでしょう。

太陽光発電システムでよく使われている詐欺商法とは?


次のような詐欺商法が横行していることが明らかにされています。

相場よりも安い見積もりを出して代金を払わせる

安さをアピールして消費者を騙し、支払いが終わったらその後は逃げてしまうというケースが多いです。

正式な見積もりではなく、仮の見積もりの段階で契約させようとする

仮の見積もりの段階では、すべての費用が入っているわけではありません。安いと思わせておいてから、あとから費用を上乗せしようとするケースが多いです。

スポンサーリンク


屋根をよく見ていないのに、契約に持っていこうとする

屋根の条件をよく確認しないと、設置工事の内容を正確に決めることはできませんが、図面だけをもとにして見積もりを急いで作成してしまって、契約と支払いを終わらせようとする業者がいます。

自社で工事を行わない

下請けに工事を完全に投げてしまい、あとは責任を負わずに逃げてしまうケースが多いです。

ローン利率が異常に高い

これも、見積もりの段階で消費者に正確に伝えようとしません。ローンの説明をする場合でもかなり安い金額になるような説明しかしないケースが多いです。

電話での勧誘や訪問販売で、偽りのサービスをアピールしながら契約させようとする

キャンペーン中であると告げたり、モニターを探していると告げたりして、実際にはないサービスをアピールしながら、今のうちに契約したほうが得だと思わせようとしてきます。

社名を偽って接近してくる

大手の太陽光発電システムのメーカーの名前を騙ったり、国や自治体から推薦を受けている業者であると名乗ったりしながら安心させようとしてきます。

詐欺行為に遭わないようにするために


詐欺業者は、手口を次々に変えながら消費者を騙そうとしてきますから、業者と接触するときは用心を怠ってはいけません。

電話の勧誘や訪問販売を受けたときは、その場で絶対にOKしない

早く契約しないと損だといわれても、何時間もしつこく勧誘されても、不審な点が少しでもあるときは契約してはいけません。

見積もりを見るときは、どんな見積もりなのかよく確認する

示された見積もりが本見積もりなのか、工事の内容がもれなく記載されているか、消費者ひとりひとりがよく確認する必要があります。

太陽光発電システムに関する質問を納得いくまで行う

知識が浅い業者は、話をごまかして逃げようとすることが多いです。できるだけ質問を多くして、経験豊かな信頼できる業者かどうかを見極めましょう。

その業者がどんな会社なのか徹底的に調べる

その業者のオフィスを直接見に行ってみることも有効です(悪質な業者は、すぐ逃げられるようにしていたり、資料をきちんと置いていなかったりすることが多いです)。インターネットの検索ももちろんやるべきです。

クーリングオフについて説明を求める

まともな業者はきちんと答えてくれますが、悪徳な業者はクーリングオフ制度を使えると認めたがらないことが多いです。

※詐欺行為を防ぐいちばんおすすめの方法は、良心的な業者しかいないサイトから見積もりを求めることです。一括見積もりサイトには厳しい審査を通過した優良な業者しかいませんし、同時に複数の見積もりを受け取ることができます。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top