太陽光発電の点検費用について

太陽光発電に点検費用はかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電を導入した施工業者にもよりますが、基本的に点検作業は無料としているところが多いようです。しかし、保証期間を過ぎてしまった場合には、費用が発生してきます。周辺機器の交換はもちろんのこと、点検作業まで費用を請求されることも少なくありません。契約前に確認しておくことが大切なポイントになります。

点検の必要性


設置には高額な費用のかかる太陽光発電システムですが、きちんと発電できれば10年余りで導入資金の回収ができるといわれています。しかし、機械の故障や不具合によって思うように発電できなかった場合には、せっかくの売電量も減り、当然のことですが、資金回収も見積もり通りにはいかなくなってしまいます。

配線関係やパワーコンディショナーは電気機器ですので、長期間使用すれば不具合を全く起こすことがないとはいいきれません。しかも、太陽光発電のシステムは通常屋根の上に設置するものですので、契約者ご自身がその状態を確認したりメンテナンスしたりすることはまず難しいといえます。

こういった不具合や故障は定期点検で見つかることも多いため、必ず点検を行うことが大切です。こ導入後しっかりケアをしてくれる施工業者から太陽光発電を購入することが必要なのです。

スポンサーリンク


保証期間とは?


太陽光発電には各メーカーとも長期にわたる保証期間が設定されています。国内のメーカーでは、発電パネルの保証期間を15年から20年としているところが多いようです。パワーコンディショナーなどは10年から15年の保証期間となっています。

その他にも自然災害に対してメーカーによってそれぞれ保証を設けています。もちろんこういった保証はオプションとしていますので、個人の希望によって選択が可能になっています。これはあくまで、災害があったとき用の保証ですので、自由に選択するといいでしょう。

保証期間内はどのメーカー、施工業者でも点検作業は無料で行ってくれるところがほとんどです。点検を行うことで故障や不具合を未然に防ぐことができ、一定の発電量を保つ事ができます。また、発電量を保持するために太陽光パネルを数年に一度掃除することも必要です。

点検で費用がかかる場合


点検では、モジュールの設置状況や異常の確認、分電盤の電圧調査、赤外線カメラを使用してホットスポットの確認(発電量低下を招く恐れのあるセルの破損、鳥のフン害など)を行うことがあります。保証期間が過ぎた後で周辺機器の交換が必要になった場合、ある程度の費用がかかることが考えられます。

また、点検項目によって追加費用が発生する業者もあります。その際、「保証期間」と「保証内容」が重要になってきます。万一の故障に無償で交換してもらえる期間やかかる費用は、業者によってまちまちです。契約の前に必ず点検や保証、修理時の追加費用など必ず確認しておきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top