太陽光発電の訪問販売の危険性について

太陽光発電の訪問販売は危険?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムを設置している家庭は増えていますが、導入したきっかけを聞いてみると「業者から訪問販売を受けたから」という回答が返ってくることはかなり多いですね。

優秀で信頼のおける業者が訪問販売をしていることもあることは事実です。しかし、そうではない業者も残念なことにたくさんいますから、訪問販売を受けたときは用心するに越したことはないでしょう。

悪徳業者が行っている訪問販売の実態


キャンペーン中のため安くなることを強調する

「今ならキャンペーンで安くなります」「キャンペーンがもう終了間近なので今申し込まないと損です」といった謳い文句で勧誘してくる例が多いです。家電製品等の無料提供サービスがあると主張することもあります。

モニターになってほしいと依頼してくる

「お宅を拝見してモニターにぜひなってほしいと思いました」「格安で申し込めるようにします」といった謳い文句で勧誘してくる例が多いです。

スポンサーリンク


光熱費等へのメリットを誇張する

現在の光熱費を質問してから、「太陽光発電を使うとこんなにお得になります!」といった具合に大げさな試算を見せながら勧誘してくる例が多いです。

何時間も粘りながらセールストークを繰り返す

何時間もその場に居座られると、つい根負けして契約書にサインしてしまう消費者はいまだにたくさんいるため、その心理を悪用してくる例が多いです。

クーリングオフの説明をしない

太陽光発電システムの場合でも、クーリングオフの制度は有効です。現に、太陽光発電システムの販売業者はクーリングオフについて説明をする義務がありますが、その点を無視して契約させようとする例が多いです。

大手のメーカーの名前を持ち出す

訪問販売では、必ず自社の名前を告げないといけないことになっています(たとえ子会社の場合でも、親会社の名前だけを持ち出すことは許されません)が、大手のメーカーの名前を騙って安心させようとする例が多いです。

悪徳な訪問販売がはびこっていることは間違いありません


悪徳な訪問販売業者が一時期問題視されたため、訪問販売法の整備が進められて、いったん悪徳な訪問販売は減少したと考えられていた時期もありましたが、また手口を変えて悪徳な勧誘を行っている業者は少なくありません。訪問販売を受けても、その場で契約をOKしてしまうことは禁物です。業者を帰らせてから、その業者について徹底的に調べることが必要でしょう。

※安全に業者を選びたいときは、インターネット上の一括見積もりサービス等を使うほうが無難です。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top