太陽光発電のデメリットについて

太陽光発電の最大のデメリットは導入費用

このエントリーをはてなブックマークに追加

費用が高いソーラーパネル


「太陽光発電は高い」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。確かに、システムを導入するには100〜280万円程度。かなりのお金が必要となります。これが太陽光発電の最大のデメリットということができるでしょう。

しかし、最近では補助金を支給する制度も充実してきています。ソーラーローンも利用できるので、手元に現金がなくてもシステム導入をすることができるのです。長い目で見ると、十分元を取ることができるシステム。それが太陽光発電です。

太陽光発電のデメリットとは?


ソーラー発電は、あまりデメリットがない新しいエネルギーとして注目されています。導入すればメリットだらけのように宣伝されることもあります。しかし、価格の面だけは大きな短所となっています。太陽光発電システムを設置・導入するためには、数百万円という大きな費用が必要となってきます。
※『太陽光発電の価格とは?』参照
そんなお金はちょっと準備できない・・・という理由で、導入するか悩んでいる方は少なくないでしょう。

スポンサーリンク


デメリットは実はそんなに大きくない


しかし、価格面でのデメリットはここ数年でかなり低くなっています。

<製品の向上>

ソーラーパネルの値段は、ここ十数年で大幅に安くなりました。発電の効率も上がり、すくない投資でより大きな効果を得ることができるようになってきたのです。

<補助金制度>

再生可能エネルギーをより広く普及させるため、政府・自治体などが一丸となってサポートをしています。20万円近い補助金をもらうことができる場合もあるのです。これを活用することで、導入に必要な費用を大幅に削減することができます。
※補助金の有無や支給額は地方自治体によって異なりますので、業者を選定するタイミングで施工販売店にお問い合わせください。尚、現在は国からの補助金はありません。

<ソーラーローン>

太陽光発電を普及させるため、融資の面でも制度が充実してきています。「ソーラーローン」という利率が安いローンも組むことができます。
※『ソーラーローン』参照

<税額控除>

一定の条件を満たせば、所得税の控除もすることが可能です。
※詳しくは業者を選定するタイミングで施工販売店にお問い合わせください。

<将来的に元が取れる>

発電をして使いきれなかった電力を余剰電力と言います。この分については、電力会社がかなり高い単価で買い取りをしてくれます。電気代が節約できるのみならず、収入を得ることもできるようになっているのです。設置場所・システムによっては、10年弱で導入費用を回収することもできます。
※『余剰電力の売電制度』『導入費用は何年で元が取れる?』参照

このような諸々の制度を考えると、太陽光発電の価格は恐れるに足りないものとなってきています。最終的には、費用を全部回収した上、収入源となる可能性もあるのです。我が家の場合にどうなるのか、実際に見積もりをしてみるといいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント