パナソニックの太陽光発電の特徴について

パナソニックの太陽光発電の特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは世界屈指の総合家電メーカーです。世界に誇る技術力で、太陽電池やリチウム電池を手掛け、太陽光発電市場でも高い評価を受けています。独自構造の太陽電池であるHITはパナソニックの強みといえます。

高出力で高い効率性を持つモジュールなので、小さな屋根でも期待以上の電力を発電してくれる製品となっています。ワイヤレスのエネルギーモニターや両面発電可能な太陽光電池など、その独創性あふれる技術で新商品を展開しているメーカーです。

変換効率の高い製品がラインナップ!


発電量を重視したいならパナソニック以外はないでしょう。太陽光を電力に変える割合である変動効率が、HIT233シリーズは18.2%と、1枚当たりの発電量は世界トップクラスを誇っています。

変換効率が高い為、屋根の面積が狭い家庭でも多くの発電量に期待できますし、同じ発電量ならパナソニックのHITシリーズなら設置枚数が確実に少なくて済むので、屋根への負担を減らすことができます。

スポンサーリンク


熱にも強いHIT太陽電池


従来の結晶系シリコン型の太陽電池は発電量が多い反面、ソーラーパネルの温度が上がりすぎると発電量が落ちるという傾向がありました。しかし、その欠点を補うためHIT太陽電池は単結晶シリコンに温度上昇に強いアモルファスシリコンを採用し、夏の暑い日差しの中でも効率よく発電することを可能にしました。この温度特性はパナソニックの大きな特徴といえるでしょう。

独自の施工方法で総費用を抑えた設置が可能


パナソニックでは3種類の施工方法を用意しています。その中でも独自の施工方法が野地ぴたFタイプという工法で、太陽電池モジュールを屋根の野地に直接設置する形になります。これは独自の工法なので、他メーカーでは真似できない施工となっています。野地ぴたFタイプのメリットは、施工性に工夫をして、総費用額を抑えて設置できる点です。少しでも費用を安くしたい家庭にぴったりな施工方法になります。

太陽光システム投資を早く回収できる


一般のソーラーパネルは高温になることで、夏場で約20%、冬場でも10%発電効率が減るといわれています。ですが、HITは発電効率減少を軽減させることができるため、他の製品に比べ本来持っている発電能力さえ発揮できれば、投資した分の回収率が高くなることが期待できます。

もちろん、それに伴い節電の意識などは必要ですが、計算上では期待できる製品となっています。多くの発電量を望むなら、やはりパナソニックの太陽光システムを検討してみるといいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント