ソーラーフロンティアの太陽光発電の特徴について

ソーラーフロンティアの太陽光発電の特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムは、他社の製品とは違い主原料ともいえるシリコンを使わず、化合物系(SIG)を採用していることで注目を集めています。世界最大規模の生産工場を持ち、すべて日本国内で生産している数少ない太陽光発電メーカーです。

熱・影に強い太陽電池を開発


一般的な太陽電池は、結晶シリコン型の太陽電池が主流となってきています。しかし、ソーラーフロンティアでは、結晶シリコン系の太陽電池は採用しておらず、CIS(銅・インジウム・セレン)という化合物を使用しています。

CIS太陽電池は、光の感度がとても高く、パネル自体がたとえ影になっても急激に発電能力が下がることはありません。また、熱いよる影響が少ないのも特徴です。安定した発電を期待することができる太陽光発電システムといえます。自宅にかかる影を理由に導入をあきらめていた方には、おすすめのメーカーといえるでしょう。

スポンサーリンク


品質、信頼性の高い太陽光発電システム


ソ−ラーフロンティアのCIS太陽電池は、変換効率こそシリコン系ソーラーパネルにはかないませんが、影や熱に強いという特性を持っています。また、シリコン系ソーラーパネルは使用するにつれて出力が低下しますが、CIG太陽電池の場合太陽の光が当たると同時に出力が上がります。

数字上の発電量ではシリコン系ソーラーパネルを超えることはできませんが、年間を通じた発電量で考えるとCIG太陽電池の性能は劣るとはいえない、優れた製品なのです。ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は生産量が世界でトップクラスといえます。製品がすべて日本で生産されている数少ないメーカーということもあり、他社と比べても製品自体の信頼性、品質が高いことは言うまでもないでしょう。

設置方法にも自信あり


太陽光発電は一体型のものでない限り、通常屋根に台を取り付け、その上にソーラーパネルを設置します。大抵はねじなどで固定するため、屋根に穴をあける必要があります。中には穴をあけない設置法もありますが、台風や地震のことを考えると安心できる施工法とはいいきれません。

そのためやはり設置には、屋根に直接穴をあける必要があります。ですが、この穴をあける施工法は同時に雨漏りの心配に繋がります。しかし、ソーラーフロンティアの施工法はブチルゴム、コーキングを利用した5重防水施工法を採用しています。そのため、雨漏りの可能性がかなり低く、安心して導入、設置をお願いすることのできるメーカーといえます。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント