太陽光発電の歴史について

太陽光発電の歴史とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムの原型ともいえる装置がつくられたのは、第二次世界大戦が終わって少ししてからのことです。太陽光発電の歴史は、まだ60年くらいしかないのですが、その間に飛躍的に進歩を遂げました。日本で行われた開発も多く、太陽光発電の歴史は日本のエネルギー技術の歴史と重複している部分が多いです。

1950年代〜60年代:黎明期の太陽電池


シリコンを用いた太陽電池の発明

現在の太陽光電池パネルは、シリコンを材料としているものがほとんどですが、その原型と呼べる装置が世界で初めてつくられたのは、1954年のことです。アメリカのベル研究所という施設で、フラー、ピアソン、シャピンという3名の科学者の協力で薄いシリコンの板に光を当てることで電力を発生させる装置が発明されました。

太陽電池の実用化

1958年に、人工衛星の電力減として太陽電池が利用されます。アメリカが打ち上げた「ヴァンガード1」という人工衛星に太陽電池が積まれ、6年間電力を供給することになりました。

スポンサーリンク


1970〜80年代:日本での開発が進められる


※太陽電池は1960年代に入るとさまざまな用途で使われるようになり、日本でも大量生産がはじまりました。ただし、日本人が研究・開発に努力するようになったのは1970年代からです。

サンシャイン計画

1973年の第四次中東戦争の影響でオイルショックが起こると、火力に代わるエネルギーの確保が望まれるようになります。翌年の1974年に日本政府は「サンシャイン計画」を策定し、太陽エネルギーを活用するための開発に力を入れることを決定します。

ソーラーシステム普及制度

ソーラーシステムを設置する家庭に対して、その資金を低金利で融資する制度です。1980年から16年間続けられ、ソーラーシステムが日本の市民に広く認知される機会をもたらしました。

系統連系技術要件ガイドライン

太陽光発電を導入すると、昼間は電力が余ってしまう、一方で夜間は電力が発生しないため、電力会社に頼らないといけません。この問題を解決するために、余剰電力を電力会社が買い取る(売電)という仕組みが考案されました。それが「系統連系」のシステムです。このシステムについて、1986年にガイドラインが策定されました。売電制度が導入されたために、太陽光発電の普及は飛躍的に進んだと考えられています。

1990〜2000年代:日本の太陽光発電技術が世界トップレベルに


ニューサンシャイン計画〜新エネルギー導入大綱

温室効果をはじめとした、世界的な環境保護問題・エネルギー保全問題が重視される時代を迎えて、1993年に、従来のサンシャイン計画よりもさらに太陽エネルギー利用を盛り込んだ「ニューサンシャイン計画」が通産省によって策定されます。

そして1994年には国全体でエネルギー問題にどう対処していくのかを盛り込んだ「新エネルギー導入大綱」が策定されます。これらの決定を背景に「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」や「エネルギー使用の合理化に関する法律」といった法制度が整備されていきます。

※1999年には日本の太陽電池生産量は世界一を記録します。

21世紀に入って

世紀が変わってからも、日本では技術開発に関して一般からアイデアを公募する制度(革新的次世代太陽光発電システム技術研究開発)がはじまったり、電気事業者に対して太陽光のような再生可能なエネルギーによる発電を一定量義務付ける法律(RPS法)が施行されたりと、太陽光発電を促進する姿勢は変わっていません。

※ただし、2005年にシステムの普及率でドイツに抜かれるなど、世界一の座が揺らぐようになりました。日本は今後とも気を緩めることなく、太陽光発電の普及や開発に全力を注いでいくことが求められるでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント