産業用太陽光発電について

産業用太陽光発電について

産業用太陽光発電は公共施設や事業所などに設けられる太陽光発電です。震災後、電力不足が問題となったことで、太陽光発電導入の需要が高まってきています。産業用太陽光発電で電力を発電することは、社会貢献としても、売電から得ることのできる利益においても、多くの注目を集めています。産業用太陽光発電は、家庭用太陽光発電と異なり、「売電」を目的とした発電です。発電をした建物では電力を使用せず、そのまま電力会社へ売...

太陽光システムは住宅用も産業用も同じように見えますが、実はシステム自体、違うものを利用することも少なくありません。家庭用の場合、各家庭の屋根の上に設置するものですから、比べてみても大きな違いは見受けられません。ですが、産業用の場合、その用途によって太陽光のシステム自体が変化します。例えば、ビルの屋上に乗せて発電する場合には、家庭用と異なり強風にあおられる危険性が高いため、それに適したシステムを設置...

これまでにも、住宅などに設置された太陽光発電システムにより作られた電力を買い取る制度はありました。家庭で使った分を差し引いて、余った電力を電気事業社に売る「余剰買取制度」というものです。しかし家庭単位では作られる電力量にも限りがあります。そこで、もっと大規模な設備でたくさんの電力を国民が作ってくれるよう、国をあげて支援しようという新しい制度ができました。それが、2012年7月に始まった「再生可能エ...

結論から言うと、産業用発電に関して国からの補助金というものは適用されません。しかしそれとは別に全量買取制度や税制優遇措置、また一般社団法人などによる補助などがあり、産業発電施設の普及を支援しています。全量買取制度10kW以上の太陽光システムで作られた電気すべてを、電気事業者が20年間買い取ることを国が保障するというものです。価格は毎年国が決め、年によって変動します。2013年4月から2014年3月...

太陽光発電はもちろん、アパートやマンションなどの屋根または屋上にも設置することができます。日当たりの良いスペースの確保が必要ですが、売電収入を得ることのできる太陽光発電を導入するアパートやマンションのオーナーが増えてきています。家賃収入だけでなく、同時にスペースを有効活用できる太陽光発電の導入を考えてみるのも、収入を増やすことのできる良い選択といえるでしょう。多くの売電収入が期待できるアパートやマ...

アパートなどの屋根に太陽光発電を設置し、発電した電力をその共有部分で使い、残りを固定価格買取制度に基づき電力会社に売却した場合、太陽光発電の売電収入の所得区分は不動産所得として扱われます。太陽光発電の余剰電力売電に関わる所得区分サラリーマンが自宅の屋根に太陽光発電を設置した場合、余剰電力として売電すると、雑所得として扱われます。それとは違い事業として個人商店などの屋根の上に太陽光発電を設置して、そ...

農地に太陽光発電は設置できます。今まであまり注目されていなかった農地ですが、全量売電制度が始まったことで、農地を有効利用しようという意識が高まってきています。利用されていない耕作放棄地を有効に活用しようと、太陽光発電を設置する方が増えてきています。農地の有効利用日本全国には農地と呼ばれるものがたくさんありますが、高齢化や農業離れといった問題から人手が少なくなり、何も作らずに放っておかれている土地も...

農地を農業以外の目的で使うことを農地転用といいます。発電、売電のために、太陽光発電を農地に設置するケースを太陽光発電の農地転用と呼んでいます。最近では、このような太陽光発電の農地転用が注目を集めています。農地転用の許可2012年7月から始まった全量買取制度(10kw以上の発電システムを作った個人や法人に対して、20年間同じ価格で電力事業社が買取ることを国が保障するというもの)により、これまで農地と...

これまでも、屋根に設置する住宅用太陽光発電などは普及していました。しかし2012年より始まった全量買取制度により、より多くの電力を生み出す産業用太陽光発電を導入する個人や法人が増えています。それは、太陽光を遮るものがなく発電装置を設置する土地さえあれば、そこから得られる電力を売ることによって長期の安定した収益が見込めるためです。しかも10kw以上なら、以前の余剰買取制度よりも高単価で、買い取り期間...

太陽光発電システムを導入したくても初期費用が全額負担できない場合、10kW以上の産業用太陽光発電導入には、リースという選択を選ぶことができます。法人向けのリースとなりますので、産業用太陽光発電の導入を考えている企業であれば、購入とリースを同時に検討してみるといいでしょう。リース導入のメリット何といってもリースでの導入のメリットは、初期費用を抑えることができる点です。産業用太陽光発電の場合、一般住宅...

太陽光発電はグリーン投資減税の対象になります。再生可能エネルギーである太陽光発電などの早期導入促進を図るため、税制優遇制度がこのグリーン投資減税です。グリーン投資減税により、太陽光発電のような再生エネルギー設備の初期導入費用の負担を軽減することができるようになりました。グリーン投資減税とは?グリーン投資減税とは、CO2排出削減、または再生可能エネルギー施設の早期導入を図るため、所得税(個人事業主の...

太陽光発電は大変高価なものです。一般家庭の導入においては、あまり関係のない話ですが、企業やビルなどのオーナーが太陽光設備を設置した場合、その取得額は減価償却を適用すると、経費として差し引くことができます。太陽光発電の場合、減価償却の耐用年数は17年と考えるのが一般的です。産業として太陽光発電を導入する場合は、税金対策の観点からも減価償却について、よく理解をしておく必要があります。耐用年数の基準太陽...

太陽光発電では一括償却(即時償却)が可能となっています。一括償却(即時償却)とは、グリーン投資減税の一つで、太陽光発電などの再生可能エネルギー施設の導入を早く図る目的から生まれた税金優遇制度のことです。太陽光発電を導入した費用の全額を、その年の会計に反映することができるというのが、この一括(即時)償却です。これによって導入に伴う税金優遇を受けることができます。即時償却と減価償却太陽光発電の即時償却...

page top