太陽光発電は一括償却(即時償却)できる?

太陽光発電は一括償却(即時償却)できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電では一括償却(即時償却)が可能となっています。一括償却(即時償却)とは、グリーン投資減税の一つで、太陽光発電などの再生可能エネルギー施設の導入を早く図る目的から生まれた税金優遇制度のことです。

太陽光発電を導入した費用の全額を、その年の会計に反映することができるというのが、この一括(即時)償却です。これによって導入に伴う税金優遇を受けることができます。

即時償却と減価償却


太陽光発電の即時償却を理解するには、まずは減価償却について理解しなくてはなりません。減価償却とは太陽光発電を導入するための費用を、その設備の効果が得られる年数(法定耐用年数)で分配するという考え方です。

例えば太陽光発電の場合この、耐用年数が17年となっていますので、200万円で導入した場合、毎年11万7千円を17年間その年の損金として分配することができます。

スポンサーリンク


ですが、それと逆に即時償却の場合は、初年度のみに反映されるだけで、その後の年に関しては損金として計算することはできません。文字通り一括して導入費用を反映させるというものなのです。

一括(即時)償却のメリット


即時償却を行うことで、導入に伴う費用を導入年度の会計に反映することができます。初年度の会計に反映することができれば、その年の税額が減るため導入初期にかかってくる費用の負担を軽減することができるのです。

一括(即時)と減価償却どちらが得なのか?


「即時償却も減価償却もどちらも変わらないのでは?」と考えている方も少なくないでしょう。即時償却は、導入費用としてはじめの1年に算入されるわけですから、その年の利益は減額します。利益が減るということは、同時に税額が減るということになります。

もちろん次の年以降の税額が上がってくるわけですから差がないような気がしますが、企業の場合導入年度に多くの利益が予想されるケースでは、即時償却することで法人税の額が大幅に減ることになります。このようなケースでは、太陽光発電導入に即時償却を行う方が、メリットが大きいといえるでしょう。

一括償却(即時償却)の適用期間


一括(即時)償却の期間は以前まで、平成25年3月31日までとなっていましたが、平成24年度の税制改正大綱で平成27年3月31日までに延長されることが決定されました。これ以降に関しては何とも言えませんが、延長されるという保証はあまり高いとはいえません。導入を検討するにしても早めに検討する方が、得であるといえるでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント