アパート・マンションへの太陽光発電の設置について

太陽光発電はアパート・マンションでも設置できる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電はもちろん、アパートやマンションなどの屋根または屋上にも設置することができます。日当たりの良いスペースの確保が必要ですが、売電収入を得ることのできる太陽光発電を導入するアパートやマンションのオーナーが増えてきています。

家賃収入だけでなく、同時にスペースを有効活用できる太陽光発電の導入を考えてみるのも、収入を増やすことのできる良い選択といえるでしょう。

多くの売電収入が期待できる


アパートやマンションで太陽光発電を導入する場合、一般的な家庭と比べ多くの売電収入を得ることができます。なぜなら、一般家庭と比べ、発電に利用できる屋根や屋上などのスペースが多く、有効活用することで一般家庭より多くの太陽光パネルを設置することができるためです。

もちろんそれによって、多くの電力を売電することができるので、初期にかかった導入費用の回収という面でも、一般家庭に比べ有利といえます。

スポンサーリンク


設置方法によって使用目的が選べる


アパートやマンションの屋根や屋上に設置するという点はすべて同じですが、その活用法は個人個人オーナーの要望によって選択することができます。

発電した電力を、アパートやマンションの共用の廊下の明かりや門燈に使用することで、共有部分の電気費用を削減しつつ、その使用料はごく少量なため、余剰電力により多くの収入を得ることができます。

他にも、アパートやマンションの別棟、または一室にオーナーの自宅がある場合も有効といえます。もちろん発電量は別棟の自宅上に設置するより多く発電できますし、自宅で使用することができれば電気代削減につながります。また余った電力を売電することで収入を得ることもできます。こういったオーナーの使用目的で設置、選ぶこともできます。

補助金制度


アパートなど向けの太陽光発電システムには、地方自治体の補助金制度を受けることができる場合もあります。そういった点も最近、導入が進んでいる理由の一つといえるでしょう。地方自治体の補助金制度については、施行業者が案内に来た際に詳しく聞いてみるといいでしょう。

収入が途切れることがない


一般的なアパートやマンションの家賃収入というのは、入居者が継続していなくては収入として入ってきません。ですが、太陽光システム導入に伴う収入は、こういった賃貸収入と違い、途切れることはありません。

空き部屋ができた時に備えることもできますし、アパートやマンションのリフォームなどの資金としても有効に活用することができます。投資回収の面においても効率の良いものですので、十分に導入を検討する価値があります。ぜひ導入を考えてみましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント