太陽光発電の農地転用について

太陽光発電の農地転用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

農地を農業以外の目的で使うことを農地転用といいます。発電、売電のために、太陽光発電を農地に設置するケースを太陽光発電の農地転用と呼んでいます。最近では、このような太陽光発電の農地転用が注目を集めています。

農地転用の許可


2012年7月から始まった全量買取制度(10kw以上の発電システムを作った個人や法人に対して、20年間同じ価格で電力事業社が買取ることを国が保障するというもの)により、これまで農地として使っていなかった休耕放棄地なども太陽光発電装置を設置する対象となりました。

農業以外の使い方をすることになるので、農地転用許可という手続きが必要となりますが、ただ遊ばせておくよりは有効な使い方だと徐々に広まっています。

スポンサーリンク


農地の一時転用


現在作物を作っている優良農地でも、太陽光発電装置を設置できるようになりました。この場合は、これまで通りに農作物が生産できることが大前提ですので、一時転用許可となります。そもそも農地は日当たりがよいものですが、中にはそれほど陽があたらなくても育つ作物もあります。

ならば、作物に影響がでない範囲で太陽光発電を設置すれば農業と両立できるのではないかとの声が上がっていました。そこで2013年3月に農林水産省が、一定の条件を満たしたものに限り一時転用を許可するという文書を公表し、その期間を3年間と決めました。

その条件とはまず、支柱を立ててその上に屋根のような格好でパネルを設置する方式であることです。もちろん十分な日当たりが確保できる高さが必要で、簡単に撤去できるような仕組みであることとなっています。また、近隣の農業生産地に迷惑をかけないかということもチェックされます。

パネル下においては、農機がちゃんと動き回れる空間を作ることも必要となっています。そして一番重要なのは、パネルの下であってもこれまでと変わらない収穫量と品質であるということです。

品質もさることながら収穫量がそれまでの8割を下回ってしまうと、本来の営農に支障ありと判断されてしまいます。一時転用の場合は年に一度報告することが義務付けられていますが、これらの条件をクリアしていれば更新することができます。

太陽光などの発電システムは、一度設置すれば長期間にわたって利益を生み続けます。設備メンテナンスなどの経費も低コストで、稼働するにあたって人員をさく必要もありません。そのため、都市への人離れが進んで過疎化しつつある土地でも農地さえあれば活性化の手助けになると、県や地方自治体が主導となって太陽光発電導入を進めているところもあります。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント