太陽光発電の減価償却について

太陽光発電の減価償却は何年?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電は大変高価なものです。一般家庭の導入においては、あまり関係のない話ですが、企業やビルなどのオーナーが太陽光設備を設置した場合、その取得額は減価償却を適用すると、経費として差し引くことができます。

太陽光発電の場合、減価償却の耐用年数は17年と考えるのが一般的です。産業として太陽光発電を導入する場合は、税金対策の観点からも減価償却について、よく理解をしておく必要があります。

耐用年数の基準


太陽光発電は自家発電設備の一つと考えられ、機械や装置として分類されます。機械や装置の耐用年数は、工業用設備の法定耐用年数が基礎となり算出されるのですが、太陽光発電に関しては、試用期間が長いことからこの耐用年数が適用されません。

スポンサーリンク


したがって、この基礎とは別に用意された耐用年数が適用されます。自家発電設備にはいくつかの設備がありますが、太陽光発電はその中の例外に属し、17年という耐用年数と定められています。よって、耐用年数を17年、これを基準としているようです。

個人で減価償却の必要は?


企業やマンションなどで導入する場合は別ですが、一般家庭で導入する場合には、減価償却なんて無関係であるといっても過言ではありません。なぜなら、サラリーマン世帯で太陽光発電を導入する場合は、給与以外の雑所得が20万円を超えない限り申告の必要がありません。

売電によりこの申告が必要かどうかは、売電で得た年間収入から減価償却費を引いた金額で20万円を超えるかで判断します。年間の売電収入が20万円を超えたとしても、1年分の減価償却費は200万円の太陽光発電システムの場合で11万7千円(200万円÷17年)になります。

売電収入から1年分の減価償却費を引いた場合に、20万円を超えた場合は申告の必要がありますが、発電した電力から家庭内で消費する電力もありますので、一般家庭で20万円超えることはまず考えられません。

それらを考えてみても、まず一般家庭が売電収入を確定申告する必要はなく、減価償却を行う必要性はないでしょう。ですが、産業用太陽光発電の場合には、導入費用が高額となり、また発電量、売電収入も多くなるため、太陽光発電の導入費用を減価償却する必要があります。

減価償却を通じて費用の問題を算出するには、まずは複数の業者から見積もりを取って、初期費用がどのくらいかかるのかを知るところからはじめなくてはなりません。最近では見積もりを一括して請求できる比較サイトがありますので、それらを利用して太陽光発電の導入を比較、検討してみるといいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント