太陽光発電とグリーン投資減税の関係について

太陽光発電はグリーン投資減税の対象?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電はグリーン投資減税の対象になります。再生可能エネルギーである太陽光発電などの早期導入促進を図るため、税制優遇制度がこのグリーン投資減税です。グリーン投資減税により、太陽光発電のような再生エネルギー設備の初期導入費用の負担を軽減することができるようになりました。

グリーン投資減税とは?


グリーン投資減税とは、CO2排出削減、または再生可能エネルギー施設の早期導入を図るため、所得税(個人事業主の場合)、法人税(法人の場合)などの税金の一部を優遇する制度のことです。

太陽光発電の設備に関しては、特別償却、初年度即時償却が可能になり、所得税、法人税の控除が受けられるだけでなく、初期における固定資産税を軽減することができるようになったのです。

スポンサーリンク


グリーン投資減税の内容


太陽光発電施設においては、10kW以上の設備で平成28年3月31日まで(100%償却、即時償却に関しては平成27年3月31日まで)の期間内に取得し、かつ1年以内に事業に供じ、固定買取の認定を受けることができた場合限って税制優遇を受けることができます。

1)青色申告をしている中小企業者に限って、設備の取得価格7%相当額の税額控除を受けることができます。(ただし、所得に対する法人税の額の20%相当が税額控除の限度となっています。)

2)青色申告をしている法人または個人を対象に普通償却に加えて設備所得額の30%相当額を限度として償却することのできる特別償却

3)青色申告いている法人または個人で設備所得額の全額を償却(100%償却、即時償却)することのできる特別償却(100%(全額)償却に関しては、平成24年7月1日から可能になりました。)

2年延長が確定


以前は、平成26年の期間内というものでしたが、平成25年の税制改正大綱により新たに期間が2年間延長されました。もちろん即時償却の対象となる、太陽光発電や風力発電設備の導入に伴う税制優遇も延長されています。他にも新たに対象施設にコンジェネレーション施設が追加され、中小水力発電、下熱利用、定置用蓄電、LED照明、高効率空調などが追加設備となっています。

初期費用がかさみがちなこうした太陽光発電の導入に税制優遇が受けられるようになることで、初期の経済的負担が軽減されます。導入を考える企業にとって大きなメリットになるといえるものです。

この他にも、再生エネルギーの普及に対する公的支援は、全量買取制度や市町村の補助金などがあり、産業用太陽光発電の導入はますます注目され、拡大していくと考えられます。ですが、グリーン投資減税は期限が設けられているものですので、早めに検討、導入する必要があるでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント