太陽光発電システムの家庭用と産業用(事業用)の違いについて

太陽光発電システムの家庭用と産業用(事業用)の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光システムは住宅用も産業用も同じように見えますが、実はシステム自体、違うものを利用することも少なくありません。家庭用の場合、各家庭の屋根の上に設置するものですから、比べてみても大きな違いは見受けられません。

ですが、産業用の場合、その用途によって太陽光のシステム自体が変化します。例えば、ビルの屋上に乗せて発電する場合には、家庭用と異なり強風にあおられる危険性が高いため、それに適したシステムを設置しなくてはならないのです。

ソーラーパネルの違い


産業用太陽光発電システムは、設置する場所により設置法、使用するシステムが違ってきます。沿岸地域に設置するのであれば塩害対策のなされた太陽光システムを利用する必要がありますし、ビルの上なら強風に耐えられる設計のものが必要になってきます。

太陽電池に関しても、住宅用太陽電池とは異なる産業用電池を載せる必要が出てくることもあります。こういった産業用の太陽光システムは特注となり、割高なのが一般的です。

スポンサーリンク


パワーコンディショナーの違い


住宅用パワーコンディショナーなどは室内に置くタイプが一般的ですが、産業用の場合、山林、空き地など建物がないことも少なくありません。建物がないわけですから、パワーコンディショナーは屋外に設置できるタイプのものが必要になってきます。もちろん、産業用のパワーコンディショナーには屋外に設置可能なタイプが揃っています。

また、一般家庭用のパワーコンディショナーは2kWから5kWが主流ですが、10kW以上の産業用太陽光発電の場合、10kWのパワーコンディショナーを使用するのが一般的です。もっとたくさん発電する場合には、パワーコンディショナー自体を連結させて使用します。もちろん、それ以上のものもありますが、大変高額になることからこの10kWのパワーコンディショナーを使用することが多いのです。

架台の違い


住宅用架台は、パターン化され生産されているためコスト面でも安いものですが、産業用としてこの架台を使用することはできません。産業用となると10kW以上の場合が多いので、屋根に取り付けるケースは少なく、架台はすべて特注となります。ビルや外壁に取り付けたり、屋外設置となるためそれぞれに合った架台が必要になってきます。

売電の違い


売電の方法にも違いがあります。住宅用の場合、発電した電力で家庭内の電力を賄い、余った分を売る仕組みになっていますが、産業用は発電した電力をすべて売ることになります。住宅の場合、余剰買取制度が適用され固定10年に対し、10kW以上の産業用は固定20年となっています。20年間売電する金額が変わらず、一定の金額が保証されているのです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント