太陽光発電による土地活用について

太陽光発電にる土地活用とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでも、屋根に設置する住宅用太陽光発電などは普及していました。しかし2012年より始まった全量買取制度により、より多くの電力を生み出す産業用太陽光発電を導入する個人や法人が増えています。それは、太陽光を遮るものがなく発電装置を設置する土地さえあれば、そこから得られる電力を売ることによって長期の安定した収益が見込めるためです。

しかも10kw以上なら、以前の余剰買取制度よりも高単価で、買い取り期間も倍の20年間保障されます。また、二酸化炭素を排出しない地球にやさしいエネルギーであることや、地域活性化への足がかりになるであろうことも導入される理由と考えられます。

小さな空きスペースでも活用しよう


たとえば休耕放棄地などの広大な土地では、たくさんのパネルを並べることができ、多くの電力を作ることができます。また、山間部などで使い道が見つからないといった土地でも、まわりの環境や方角によっては収益をもたらしてくれる可能性があります。

スポンサーリンク


どちらもそのままでは何も生産できない、まさに遊ばせているだけのもったいない土地なのですが、それでも税金などのお金はかかります。ところが、そこから大量の電力が生み出されて利益になるとなれば、それは打出の小槌ちとなるのです。

とはいえ誰もがそれほど広い土地を持っているわけではありません。しかし、会社にあるちょっとした空きスペース、特に用途の決まっていない空き地、店舗や施設の駐車場といった土地でも、パネルを斜めに立てるタイプの集光型であれば十分に取り付けることができます。

これなら土台も小さいのでそれほど場所をとりませんし、パネルを高めに設置すれば下の空間も活用できます。また最近では、マンションや店舗の屋根を太陽光発電に利用しているところもたくさん見受けられます。実益もさることながらイメージアップにも一役買っているようです。

これからの太陽光発電導入


ここ数年で、太陽光発電システム機器はめざましい進化を遂げています。これまで産業用の太陽光発電といえば、それなりの土地を持った個人や企業だけの話だと思われていました。

しかし今では、数億円規模のメガソーラーシステムはもとより、個人向けの小規模な発電機器のパックまで、実にさまざまなサイズが販売またはリースされています。それによって、たとえ大きな土地を持たない人であっても太陽光発電システムを取り入れることができ、いわば発電所のオーナーになることが可能になるのです。

長期間にわたる安定収益、眠っている土地の有効活用、すでに活用している土地を二重に活用、メンテナンスが楽、減税の対象になるなどのメリットによって、太陽光発電はますます普及し続けることでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント