産業用としての太陽光発電について

産業用としての太陽光発電とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

産業用太陽光発電は公共施設や事業所などに設けられる太陽光発電です。震災後、電力不足が問題となったことで、太陽光発電導入の需要が高まってきています。産業用太陽光発電で電力を発電することは、社会貢献としても、売電から得ることのできる利益においても、多くの注目を集めています。

産業用太陽光発電は、家庭用太陽光発電と異なり、「売電」を目的とした発電です。発電をした建物では電力を使用せず、そのまま電力会社へ売電します。無駄になっているスペースを有効に活用することで、再生可能エネルギーを生み出すことができます。多くの電力を発電できる産業用発電が、今求められているのです。

新たなビジネスモデルとして注目


太陽光発電はクリーンなエネルギーとして以前より注目されていました。ですが近年では、「産業用」としての太陽光発電が注目されています。「産業用」とは「電気の買取を目的とした発電」のことを指します。また、一般家庭向けとは異なり「全量買取」となっているのが特徴です。「全量買取」とは自建物で使用し余った分だけを売電するのではなく、発電した全ての電力を売電するものです。「余剰電力買取」とは全く違うものなのです。

スポンサーリンク


設置した太陽光発電で発電した電力は、1kWhあたり現在37.8円で売電することができます。一度導入すれば長期にわたり安定した収入を得ることができます。今まで活用していなかった余剰スペースを、発電のスペースとして活用することで新たな収益を獲得することができます。特別な手間を必要とせず、長期にわたり利益を生むことのできる産業用太陽光発電は、今注目を集める新たなビジネスとなっているのです。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは?


注目度が増したのは、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が平成24年7月1日に開始されたことがきっかけです。これは再生可能エネルギーで発電された電気を、一定期間、固定価格で電力会社が引き取ることを義務付けた制度です。再生可能エネルギーは風力・火力・地熱・バイオマス、そして太陽光で発電されたエネルギーを指します。つまり電力会社以外で発電した電力を、電力会社に買い取ってもらえる制度です。

広がる産業用太陽光発電


再生可能エネルギーの固定価格買取制度を受け、大規模な太陽光発電所(メガソーラー)を企業単位で設けられるがケースが激増しています。売電を目的としたファンドが多数登場し、次世代投資の対象として利益を上げています。それ以外でも、産業用として太陽光発電所を導入するケースは爆発的に増えています。ここでいくつかの具体的な導入例をご紹介します。

大きな工場ではその広い面積の屋根を利用し、発電をしています。それにより平日はもちろんのこと、工場が稼働していない土日も利益を生み出すことが可能です。ある工場では、毎月決まった金額の収入を得ることに成功しています。

また、賃貸アパートやマンションのオーナーにも需要が高まっています。今まで活用方法がほとんどなかった屋上に太陽光発電所を設置します。すると家賃収入以外にも、副収入が定期的に入るようになります。

その他にも、山の中など田舎に土地を持っているオーナーにも太陽光発電の需要が高まっています。観光施設にもなりにくく、売っても大きな金額にはならないまたは先祖代々受け継いでいるので手放せない等、何らかの理由で広大な土地を所持し、持て余しているケースが非常に多いのです。そこに、太陽光発電所を設置することで、土地が利益を生むようになります。このような事例でも分かるように、これから益々産業用太陽光発電は注目を浴びることでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント