太陽光発電導入までの流れについて

太陽光発電を導入するまでの流れを理解しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電設置済みの家


太陽光発電を導入する場合、具体的にどのような手続の流れとなっているのでしょうか。実際に発電して電力を使えるようになるまでには、見積もり・業者の選定・工事などなど様々な段階を経なければなりません。このページでは、手続の流れについて順番に説明していきます。

見積もりを取る


太陽光発電の工事代・導入費用は、業者によって異なっています。メーカーごとに商品の特性も違ってきます。ソーラー発電が注目される現在、サービス・業者も多様化してきており比較検討をするのは不可欠となってきているのです。

近くの会社だからいいか…と単純に決断してしまうのは、あまり賢明とはいえません。複数の選択肢の中から、じっくりと比較した上で選んでいくことが重要です。そのためには、複数の施工販売店から見積もりを取るのが一番確実と言えるでしょう。

スポンサーリンク


施工販売店の選定


複数の施工販売店から見積りを取り寄せたら、比較をしながら業者を選んで決定していく必要があります。業者を選ぶ際、ぜひとも注目しておきたい3つのポイントがあります。

1.『保障・アフターサービス』:発電システムは原則的にはメンテナンス不要です。が、万が一に備えた保証・サポート体制はあるに越したことはありません。

2.『有名メーカーを取り扱っている』:施工販売店は基本、メーカーの代理店です。扱っている商品は業者によって様々。できることなら、聞いたこともないメーカーよりも大手メーカーを扱っている代理店を選んだ方が無難です。

3.『提案力のある施工販売店』:導入をただ薦めてくる業者は良心的とは言えません。具体的なメリットやデメリットについて、丁寧に説明してくれる。その上で、一番利益の出る形での導入を提案してくれる。そのような業者を選ぶようにしましょう。

※1〜3については、それぞれカテゴリー『施工販売店選びのポイント』で詳しく説明しています。

施工販売店選定後の流れ


業者を決定したら、現地調査やシステム・商品の種類などについての相談を行います。そして、みなさんのご家庭にあった形のプランが提案されます。満足いくような内容でしたら、最終契約を交わします。その後、工事の日程調整を経て、具体的な設置工事に着手していきます。

工事自体は3日ほどで終わります。その後、電力会社との契約・補助金の申請・交付などを経て、実際にシステムを稼働させていきます。設置が終わっても、実際に発電をするまでには、1か月ほどの期間が必要となるので注意をしましょう。

以上、見積もりからシステム稼働までには2〜3か月ほどの期間が必要となります。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント