太陽光発電の主要メーカーについて

太陽光発電の主要メーカーは覚えておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加

一流メーカーの発電パネル


太陽光発電の導入を検討する際には、聞いたこともないようなメーカーよりも、大手のメーカーを選ぶ方が無難です。とはいえ、「大手」であっても一般の人が知らないようなメーカーも存在してます。

太陽光発電に特化しているような企業もあるからです。あらかじめ大手企業について知っておくことは重要です。このページでは、世界的にも大手に分類されるような企業を紹介していきましょう。

シャープ

海外でも高く評価されている、国内メーカーのトップ企業です。ラインナップが豊富で、狭い屋根であってもスペースを無駄なく利用することが可能です。また、パワーコンディショナーの機能が高いことでも評判を得ています。製品の導入コストが比較的安いことも魅力の一つです。

京セラ

日本のメーカーの中では、初めて住宅用の発電システムを販売した企業です。背品をすべて自社で行っているため、品質が高いと評判となっています。プリウスに採用されている発電システムは、京セラ製です。このことからも、信用性の高さが把握できるでしょう。

スポンサーリンク


パナソニック

家電メーカーとしては、国内トップクラスのパナソニック。太陽光発電の分野でも、世界最高クラスの技術を誇っています。特に特徴的なのは「HIT太陽電池」という独自のモジュール。出力が高く、変換効率も高いのが特徴です。日本メーカーの中で、激しいトップ争いをしていた三洋(SANYO)も、パナソニックのグループ会社となっています。

三菱電機

パワーコンディショナーの性能(変換効率)が、業界の中ではトップクラスです。変換効率は、97.5%。業界の中では圧倒的です。

東芝

2010年に参入してきたばかりのメーカーですが、産業用のソーラーのノウハウを持っています。これを応用して、効率の良い発電システムを実現しています。パネルの軽さに特に定評があります。

以上の5社が日本のメーカーの中で、トップ争いを繰り広げています。国内メーカーには、この他に以下のようなものがあります。
  • ダイキン
  • ソーラーフロンティア(昭和シェルのグループ)

以下は、海外の大手メーカーです。

サンテックパワー

2010年にソーラーパネル生産量世界一となった中国の企業です。太陽電池のみに特化している企業で、25年の出力保証をしています。

カナディアンソーラー

01年にカナダで設立されたグローバル企業です。「カナダの積雪でも耐えることができる」頑丈な造りが売りとなっています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント