太陽光発電の定期メンテンナスについて

太陽光発電は基本的に定期メンテナンスは不要

このエントリーをはてなブックマークに追加

メンテナンス中の人


太陽光発電のシステムは、基本的にはメンテナンスを行う必要がありません。ただ、性能を維持していくためには、定期的に検査をしてもらうことも重要です。

メンテは基本不要


太陽光発電は、20年〜30年という長いスパンで運用していくシステムです。高いお金を払って導入するのに、毎年修理をしなければならない・・・というのでは、到底元が取れないでしょう。メンテが面倒そう、という理由で導入を渋っている方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

ご安心ください。太陽光パネルは、非常に頑丈に作られています。そのため、基本的にはほとんど手入れ・修理などをする必要はありません。もしも、短期で故障してしまった場合には、きちんと無料で修理をしてくれる商品保証制度がついています。

スポンサーリンク


パネルは頑丈


太陽光発電システムは、本来は過酷な環境で電気を生み出すために開発されたものです。宇宙に飛んでいる人工衛星の電源として・・・強い風雨、塩の被害などがある海の近くの灯台のため・・・などなど、一般家庭よりもはるかに厳しい環境での使用を念頭に置かれています。

そのため、パネルはかなり頑丈に作られています。太陽電池は、厚いガラスで表面がコーティングされています。パネルについた汚れやほこりは雨や風で流されるので、掃除は不要です。

※鳥のフン・落ち葉などが大量に積もってしまった場合には、掃除する必要があります。

定期検査も重要


ただ、長期の間性能を保ちながら使用していくことができるように、定期的なメンテナンスが推奨されています。数年に一度は、施工販売店などにチェックをしてもらうようにするといいでしょう。このようなアフターサービスの充実度については、業者を選ぶ際の大きな基準となります。

※『保証・アフターサービス』参照

特に10年目以後は、注意しなければなりません。10年経過後は4年に1度ほど点検することが推奨されています。また、モジュールは20年以上持つことが実証されているのですが、他の部品についてはそうもいきません。パワーコンディショナーは、10年で交換・メンテナンスする必要があります(他の周辺機器も劣化します)。

この交換についても、保証が及ぶ場合もあります。10年後の修理はどうなるのか?ということまで、契約・相談の段階で確認をしておくようにすることが重要でしょう。太陽光発電システムは、基本的にはメンテナンスをする必要がありません。が、長い間性能を維持するために定期的なチェックも必要です。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント