太陽光発電のメリットについて

太陽光発電のメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質の良いソーラーパネル


太陽光発電を導入した場合、具体的にはどのような恩恵を受けることができるのでしょうか?この点をしっかり知っておかないと、太陽光発電の魅力はわかりません。

  • 1.経済的なメリット
  • 2.環境のメリット
  • 3.自家発電できるメリット

の3つがあります。順に説明していきましょう。

経済面でのメリット


今や太陽光発電を導入する最大のメリットは、経済面にあります。少し前までは、「太陽光発電は高い」と言われてきました。しかし、製品の価格も下がり性能も向上していきています。導入促進のために、様々な支援制度も整えられていきました。このような理由で、経済面の利点がかなり大きくなってきたのです。

スポンサーリンク


太陽光発電はオール電化とのセットがお勧めです。ガス・灯油などを使わず、利用エネルギーをすべて電力にする。これによって、太陽光で発電した電気をフル活用することができるようになります。夜は発電できませんから、電力会社からこれまで通り電気を買ってこなければなりません。

昼間の電力料金は、夜間に比べると高めの設定となっています。夜の料金を安いプランを導入すると、かなり安い値段で電気を利用できるようになるのです。さらに、余った電力は売って収入にすることもできます。

ある家庭の支出変化を紹介しましょう。

<システム導入前>

毎月、プロパンガスと灯油で8000円、電気代で8500円。計、16500円かかっていました。

<システム導入後>

オール電化で、ガス・灯油代はゼロに。
電気の購入:6000円
電気の売却:8000円
差し引くと、支出がゼロになっただけではなく、2000円も収益が出ました。

最近では、収入目的で設置容量を大型化するのがトレンドとなっています。

環境にやさしい


御存じのように、現在二酸化炭素の排出量が増えて、地球全体が温暖化の危機に瀕しています。CO2の排出量をいかに削減していくのか、これが国民的な課題となっています。太陽光発電は、発電時にCO2の排出がほとんどありません。ソーラーを導入することで、杉の木100本分のCO2削減に貢献することができます。
※『エコに役立つのか?』参照

もしものときにも自家発電で安心


電力不足が叫ばれている現在。もしも停電してしまったら・・・という不安は常にあることでしょう。太陽光発電システムを設置している場合には、停電時に自立運転用のコンセントを利用することができます。もしものときにも、自家発電をすることで電気の恩恵を受けることができるわけです。
※『停電時はどうなる?』参照


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント