その他のよくあるご質問 について

その他のよくあるご質問

太陽光発電システムのメーカーはたくさんありますが、その中で人気のあるメーカーを知っておくことは太陽光発電システムを導入を検討する際の参考になります。国内シェアのトップ3にランクインするのは、シャープ、京セラ、パナソニックです。実際の売り上げはもちろんのこと、製品の性能や品質と価格とのバランスといった面でもこの上位3社は間違いありません。太陽光発電の国内シェアのトップ3は?国内で人気の高い太陽光発電...

太陽光発電の買取価格(売電価格)は、2014年時点では住宅用が37円、非住宅用は32円となっています。太陽光発電の余剰電力売電制度がスタートした当初は48円でしたが、これは太陽光発電を普及させる目的で作られたシステムのため、普及が進むにつれて下がってきています。売電価格の下落は当然のことなのです。ですが、売電価格だけを見てすべてを判断するのはいけません。最近ではシステムの性能も上がり、システム自体...

太陽光発電システムは、とても精密な技術を用いて開発されたシステムです。太陽光発電は、屋根の上に取り付けるソーラーパネルや、屋内に取り付けるパワーコンディショナーのような周辺機器で構成されているシステムです。いったん取り付けたあとは特にメンテナンスに力を入れなくても10年単位で使っていくことができますから、長い目で見ると非常に得をします。一般的な家庭用電化製品と比べても、かなりの耐久性と寿命を持って...

太陽光発電システムは、発電を太陽光に全面的に依存するシステムですから、「長い日照時間や、豊富な日射量を確保できるかどうか」は、非常に重要です。設置工事を行う前に、日照時間や日射量についてできるだけよい条件を揃える必要があるでしょう。※太陽光がよく当たるかどうかは、まず気象条件によって左右されますが、それだけではありません。屋根の向きや角度の影響も大きいですし、地域の影響も大きいですから、業者とよく...

太陽光発電システムは、「太陽光」という限りがない資源を有効に活用しているシステムです。地球エコに役立つシステムとなっていることもあって、今では国が導入を奨励するようになりました。地方自治体が用意している補助金制度を利用することもできる場合もありますが、利用できる制度はそれだけではありません。太陽光発電システム専門の融資サービスも、各地の金融機関等でたくさん用意されていますから、手元の資金が少ない場...

太陽光発電はパネルの設置方法や環境にもよりますが、利益を出すことも十分に可能です。余剰電力は電力会社に買い取ってもらうことができますから、太陽光発電パネルの数を増やしたり、発電量の多いパネルを設置したりすることで、利益を増やすこともできるのです。※ただし、設置数を増やせば増やすほど、初期導入費用がかかることになりますし、屋根の向きや形状によっては発電量が増えない可能性もありますから、費用対効果が確...

太陽光発電を取り付けると、固定資産税がかかるのか、それともかからないのか……この点についてはさまざまな噂が流れているようです。たまに、混乱している人を見かけることもあります。※実は、固定資産税がかかる場合とかからない場合の両方があります。つまり、太陽光発電を取り付けるときは、自身がどちらのケースにあてはまるのかよく確かめないといけません。固定資産税がかかる場合家を新築するときに、屋根と一体型になる...

太陽光発電システムの年間発電量は、一般的な家庭(3kw〜5kwのシステムを購入する場合)では約3000〜5000kw/hになることが多いようです。それくらいの発電量を1年で生産できるようであれば、家庭に電力を十分に供給できます。※特に5kwのシステムを導入して約5000kw/hの年間発電量に達する場合は、電力がかなり余ることが多いですね(電力会社に売って収入を増やすこともできるようになります)。一...

太陽光発電システムのペイラインは、導入後10年〜12年くらいの時期に訪れるといわれています。設置後の発電量や、消費する電力の量がケースバイケースでまったく異なるため一概にはいえませんが、業者とよく相談して効率よく発電できる設置方法を実現すれば、10年〜12年程度でペイラインに達する可能性はあります(節電等の努力を重ねて、もっと早めにペイラインを迎える人もいます)。※太陽光発電システムには補助金制度...

太陽光発電の発電量は、午前と午後でどちらが多いとは、一概に言えません。パネルを設置する屋根の向きによっても、午前と午後の発電量に違いがあるからです。一般的には、パネルを南向きの屋根に設置した場合は、午前と午後の発電量をほぼ同じくらいになると言われています。※太陽光発電システムでは、日照時間の長さと日射量の多さが発電量を左右します。そのため、時間帯によって、発電量は変わってしまいますし、季節や地域制...

太陽光発電を導入するときは、まとまったお金が必要となります。ただし、税額控除の対象となる可能性もありますので、まずは制度をよく確認してみましょう。※税額控除を受けるには、細かく指定された条件に適合しないといけないため、実際に控除を認められることは簡単ではありません。太陽光発電システムの導入費用の控除の可能性(住宅借入金等特別控除の場合)「住宅借入金等特別控除」という制度を使えることがありますが、そ...

太陽光発電の設置には、建設時に取り付けを行う場合と建設後に取り付けを行う二つの場合があります。新築時に設置する場合は、屋根の形状や配線などすべてにおいて太陽光発電設置を目的とした設計がされています。ですが、後付けの場合は家の造りなどが太陽光発電設置を目的として作られていません。そのため、デメリットは必ず出てきてしまいます。しかし、後付けならではのメリットもあるのです。後付け設置の太陽光発電システム...

page top