太陽光発電を後付けで設置するメリットとデメリットについて

太陽光発電を後付けで設置するメリットとデメリットとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電の設置には、建設時に取り付けを行う場合と建設後に取り付けを行う二つの場合があります。新築時に設置する場合は、屋根の形状や配線などすべてにおいて太陽光発電設置を目的とした設計がされています。

ですが、後付けの場合は家の造りなどが太陽光発電設置を目的として作られていません。そのため、デメリットは必ず出てきてしまいます。しかし、後付けならではのメリットもあるのです。後付け設置の太陽光発電システムのメリットとデメリットを説明しておきましょう。

後付けの見た目の上でのデメリット


太陽光発電を建設時に設置する場合、屋根の形状は太陽光発電に最適の造りをしています。南側に大きく屋根を広げ、角度を調節することで、発電効率を上げる工夫がなされているのです。太陽光発電設置が後付けの場合、こうした部分は後から手を加えることができません。

そのため、予定していたメーカーの太陽光システムが設置できない、予想していた形状とは大きく異なるなどの問題が出てくるケースは多いものです。こういった点は、やはり新築設置の方が有利といえるでしょう。

スポンサーリンク


また、配線、パワーコンディショナーなどの見た目にも差が出てきてしまいます。後付けの場合、配線の見た目や設備の収まりといった点で、先付けの設置よりどうしても劣ってしまうのです。

費用が掛かるというデメリット


後付けの場合、太陽光システムの他にも色々な費用が掛かってきます。まずは、太陽光システムを設置するための足場です。建設時と違い、改めて足場を組まなくてはならないため費用が増えてしまうのです。

また、屋根の強度を高めたり、瓦を撤去するなど予想していなかった費用が発生してきます。どうしても建設時に設置するのと比べ、費用が高くなるといったデメリットがあるのです。

固定資産税がかからないというメリット


後付け設置の最大のメリットは何といっても固定資産税がかかってこないという点でしょう。新築時に設置する場合、太陽光システムは住宅の性能の一部とみなされ、固定資産税の対象となってしまいます。しかし、後付けの場合は単純に設備とみなされ同じ太陽光発電システムといえども、固定資産税の対象とはなりません。

不公平なようですが、固定資産税のかかる新築時の導入を選んだ場合、税金の面では損することになってしまいます。後付けの場合、固定資産税の心配は全くいりませんから、安心して導入を検討できるのがメリットとなります。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント