太陽光発電による利益について

太陽光発電で利益は出せる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電はパネルの設置方法や環境にもよりますが、利益を出すことも十分に可能です。余剰電力は電力会社に買い取ってもらうことができますから、太陽光発電パネルの数を増やしたり、発電量の多いパネルを設置したりすることで、利益を増やすこともできるのです。

※ただし、設置数を増やせば増やすほど、初期導入費用がかかることになりますし、屋根の向きや形状によっては発電量が増えない可能性もありますから、費用対効果が確実に出るかどうかをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

太陽光発電システムで利益を出すには?


太陽光発電システムで利益を出したいときは、導入前に主に次のような点に注目して設置方法を決めるとよいでしょう。

太陽光発電パネルの発電量

太陽光発電パネルの発電量は種類によって違います。現在は180W〜210Wくらいの最大出力を持つパネルが多いですが、業者に相談するときに、できるだけ最大出力値の高いパネルを紹介してもらうことは可能です。

設置する太陽光発電パネルの数

たくさん設置すれば、その分発電量も増えることになります。一般家庭では、3kw〜5kwくらいの太陽光発電システムを設置していることが多いですが、設置枚数を増やして発電量を6kw〜7kwくらいにしているケースもあります。

屋根の向きや形状

太陽光発電システムで引き出せる発電量は、設置する屋根の条件によって変わりますし、地域によっても変わります。自宅の屋根で期待できる発電量については、業者に教えてもらう必要があるでしょう。

※太陽光発電パネルを、屋根ではなくて空き地に設置して利益を出そうとする人たちもいます。確かに、特に何の用途にも使っていない土地がある場合は、太陽光発電パネルをたくさん設置することで利益につなげることもできます。

スポンサーリンク


太陽光発電パネルの大量設置ができないことも多い


次のような理由から、太陽光発電パネルの大量設置を断念する人も多いようです。

費用がかかってしまうことが多い

一般的な3kw〜5kwの太陽光発電システムを設置する場合、85万円〜240万円くらいの初期費用がかかりますが、たくさんの利益を出したいと思ったら、それよりも高い金額を支払わなければなりません。

設置するスペースを確保できないことが多い

太陽光発電パネルをたくさん設置できる場合は幸運だといえますが、空地を持っていたり、(家が大きくて)たくさんの太陽電池パネルを設置できるサイズの屋根を持っていたり……といった条件に恵まれている人たちが多いとはあまり考えられません(特に、屋根はただ広ければいいわけではありません。方位や形状のような条件も大切です)。太陽光発電パネルを設置できるスペースがどれくらいあるか、最初に確かめる必要があるでしょう。

太陽光発電で利益を出すには業者とよく話し合う必要があります


屋根の条件や環境によって、太陽光発電システムの発電量は大きく左右される以上、太陽光発電で利益を出したいときは設置工事を依頼する業者とよく話し合う必要があります。特に次のような内容をしっかりと教えてもらってから検討するべきでしょう。

  • 最大でどれくらいの枚数のパネルを設置できるのか?
  • パネルを最大数設置すると、どれくらいの発電量を期待できるのか?
  • そのために最初にいくら支払う必要があるのか?

※一般的な家庭では、太陽光発電システムを設置したときの初期費用を回収できる時期は、設置から10〜12年くらい経過してからだといわれています。太陽光発電システムは、通常は20年以上でも使えますから、長い目で見れば、利益を出すチャンスが多いことは間違いありません。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント