太陽光発電の融資制度について

太陽光発電は融資を受けられる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムは、「太陽光」という限りがない資源を有効に活用しているシステムです。地球エコに役立つシステムとなっていることもあって、今では国が導入を奨励するようになりました。地方自治体が用意している補助金制度を利用することもできる場合もありますが、利用できる制度はそれだけではありません。

太陽光発電システム専門の融資サービスも、各地の金融機関等でたくさん用意されていますから、手元の資金が少ない場合でも、導入は可能です(導入業者が融資についてアドバイスをしてくれることが多いです)。

「ソーラーローン」といった名称のローンがたくさんあります


太陽光発電システムを設置するとなると(地方自治体からの補助金を受けられる場合でも)100万円以上の資金を捻出しないといけないのが普通です。それだけの現金をすぐに用意できないという家庭も珍しくありません。

そのため、太陽光発電システムの導入のための融資制度が考案されました。今ではたくさんの金融機関が「ソーラーローン」といった名称の融資サービスを用意しています。都市銀行から、地方銀行や地域の信用金庫まで、数々の金融機関がこの類のローンを準備しています。

スポンサーリンク


※信販会社が提供していることもあるほか、地方自治体が融資制度を設けている例もあるようです。融資に制度について、地域によってサービス内容や条件が異なるので、業者を家に招いた時によく確認をしましょう。

申し込みやすく、返済しやすいローンがあります


太陽光発電システム専門の融資サービスは「申し込みをしやすい」とよくいわれますが、その理由は主に次の2点でしょう。

  • 審査の条件が厳しくなくて、通過しやすい(担保等も必要にならないことが普通です)
  • 家計を圧迫するような、多額の返済をしなくて済むことが多い

太陽光発電システム専用のローンは変動金利の場合も固定金利の場合もありますが、基本的に金利は低く、2〜4%前後の低い金利になっていることが多いです。月々の返済額が1〜2万円程度になることも珍しくありません(これは売電収入を出せるようにすれば、それだけでじゅうぶんにまかなえてしまう金額となります)。

※一戸建ての家を新築する場合に住宅ローンを使う人がよくいますが、住宅ローンの返済を「つらい」と感じることが多いようです。住宅ローンを使って家を建てた人が太陽光発電システムを導入することも増えていますが、ソーラーローンは、住宅ローンと比べると返済がしやすい(電気代も減り売電収入も入ってくるため)と感想を述べるケースが目立っています。

基本的に業者が融資の相談に乗ってくれます


太陽光発電システム専用の融資サービスにしても、補助金制度にしても、もともと太陽光発電システムの設置工事を行う業者にとっては馴染みが深いものですから、業者と直接顔を合わせて話をするときに、相談に乗ってもらうとよいでしょう。基本的にソーラーローンを提供している金融機関は、太陽光発電システムを設置する業者と提携していることが多いです。

※太陽光発電システムの設置は、補助金やソーラーローンを上手に使って、できるだけ安く済ませるのがベストですが、それぞれの制度の申し込み時期については注意を払う必要があります。たとえば補助金制度は、給付が行われる時期がかなり遅くなることが多く、業者への支払いをする日に間に合わないこともあります。ソーラーローンを使うときは、支払いの日に間に合うようにうまく調整することも大切でしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント