太陽光発電と固定資産税の関係について

太陽光発電は固定資産税がかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電を取り付けると、固定資産税がかかるのか、それともかからないのか……この点についてはさまざまな噂が流れているようです。たまに、混乱している人を見かけることもあります。

※実は、固定資産税がかかる場合とかからない場合の両方があります。つまり、太陽光発電を取り付けるときは、自身がどちらのケースにあてはまるのかよく確かめないといけません。

固定資産税がかかる場合


家を新築するときに、屋根と一体型になるものを取り付ける場合

太陽光発電を取り付けるときに、その家屋が新築だった場合は、固定資産税がかかります。家屋を持っていると固定資産税がかかりますが、門や塀のようなものも家屋と一体型になっていると固定資産税がかかることが多いのです。つまり太陽光発電システムも、屋根と一体型になっているものを新築時にとりつけると固定資産税の対象と判断されてしまうわけです。

太陽光発電システムを、屋根の素材の代わりとして取り付けた場合

この場合も、屋根の一部としてみなされるため固定資産税の対象と判断される可能性が高いようです。

屋根ではなく、土地に取り付ける場合

考えられるのは空き地、あるいは農地に取り付けるケースでしょう。このようなケースではその土地の用途がどう判断されるかによって結果が変わりますが、場合によっては固定資産税がかかる可能性があるといわれています。

スポンサーリンク


固定資産税がかからない場合


一体型ではなく、取り外しができるシステムを取り付ける場合

このような場合は、家屋の「設備物」と判断されることが多いようです。一般的には、一戸建の住宅の屋根に後付けで太陽光発電システムを取りつける場合は、「一体型」にはなりませんので、固定資産税はかかりません。

※「固定」という言葉が使われていることからもわかりますが、固定資産税は動かせないものにかかることが多いようです。

固定資産税を払いたくなければ、取り外しができるタイプの太陽光発電システム(後付け)を選んだほうがよいでしょう。

実際に固定資産税を払うことになったら?


よほど大型の太陽光発電システムでもない限り、あまり税額が高くつくことはないようです。実際に固定資産税を徴収されたケースを見てみると、数千円〜1万円程度で済んでいるケースばかりのようです。つまり、あまり固定資産税にこだわる必要はないものと考えられます。それよりも発電効率や屋根の形や色との相性にこだわって選んだほうがいいでしょう。

※特に発電効率は重要です。太陽光発電では、余った電力を電力会社に買い取ってもらうこともできるため、固定資産税額をはるかに上回る利益を出す方法を模索したほうが賢明でしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント