太陽光発電に日射量や日照時間は重要?

太陽光発電に日射量や日照時間は重要?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムは、発電を太陽光に全面的に依存するシステムですから、「長い日照時間や、豊富な日射量を確保できるかどうか」は、非常に重要です。設置工事を行う前に、日照時間や日射量についてできるだけよい条件を揃える必要があるでしょう。

※太陽光がよく当たるかどうかは、まず気象条件によって左右されますが、それだけではありません。屋根の向きや角度の影響も大きいですし、地域の影響も大きいですから、業者とよく相談して、設置方法を決めていく必要があります。

降水量が多い場合は、日照時間も日射量も限定されます


地域によって、日射量や日照時間には差があります。基本的に、空が曇っているときは使えませんが、地域によって降水量に差があることは事実ですね。たとえば日本海側は、冬になるとよく雪が降ることで有名ですが、こうした条件のある土地では、年間の日照時間が限定されてしまうため、他の地域よりも年間の発電量が少ない傾向があります。

※よく雨が降る梅雨の時期は日射量も減ってしまいますから、発電量が少なくなる傾向があります。こうした季節的な影響を受ける可能性があることも、太陽光発電システムの導入の前によく理解しておいたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク


一日の間でも、日照時間は変わります


一日の間でも日照時間や日射量は変わりますから、時間帯によって発電量は変化します。午前と午後で発電量が変わるケースがよくありますが、これは日照時間が午前と午後で変わることが多いためです。ただし、日照時間がただ長ければいいというわけでもありません。太陽光が太陽光発電パネルに当たるときの角度も重要で、太陽が高い位置にあるときのほうが日射量は多くなる傾向があります。

※日射量をできるだけ増やすために、業者は屋根の向きや角度によく配慮して太陽光発電パネルを設置することが多いですね。

太陽光発電システムには気温の影響もあります


もうひとつ忘れてはいけないことは、気温です。太陽光がよく当たると太陽光発電パネルの周囲の気温は上がっていきますが、実は周囲の気温が上がりすぎると、太陽光発電パネルの機能は衰える傾向があるのです。特に真夏の場合は、気温が上がりすぎてしまうことが多いため、たとえ日射量が多い時間帯であっても発電量が落ちてしまうという現象がよく起こります。

※冬場は気温が上がりすぎることがありませんから、夏よりも太陽光発電システムにとってはよい季節なのです。冬になると晴れている日が多くなる地域に住んでいれば、太陽光発電システムを使うにはもってこいだといえます。

太陽光発電システムにふさわしい条件とは?


ここまでの特徴をまとめると、太陽光発電システムを使うのにふさわしい条件は、「日照時間が長くて日射量が多いこと」と、「気温が上がりすぎないこと」です。つまり、次のような条件を備えていると、太陽光発電システムを使うには有利だと考えられます。

  • 比較的寒い地域で、夏になっても気温が極端に上がらない地域
  • 1年を通じて晴れている日が多い地域
  • 屋根の向きや角度の条件に恵まれていて、日照時間が長く、日射量が高くなる場合

※もちろん、これらの条件に当てはまらない場合でも太陽光発電システムを使ってメリットを引き出すことは可能です。業者とよく相談して、どんな条件で太陽光発電システムを設置すれば効率がよくなるのかを見つけ出しましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント