太陽光発電の寿命のについて

太陽光発電の寿命はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムは、とても精密な技術を用いて開発されたシステムです。太陽光発電は、屋根の上に取り付けるソーラーパネルや、屋内に取り付けるパワーコンディショナーのような周辺機器で構成されているシステムです。

いったん取り付けたあとは特にメンテナンスに力を入れなくても10年単位で使っていくことができますから、長い目で見ると非常に得をします。一般的な家庭用電化製品と比べても、かなりの耐久性と寿命を持っているのです。

太陽電池パネルの寿命の長さについて


太陽光発電システムで、特に寿命が長いのがソーラーパネルです。現在、ソーラーパネルの寿命は20年を超えるようになっています。ひと昔前は、10年や15年くらいの寿命だと考えられている品も目立ったのですが、今から20年前に販売された太陽電池パネルでも、まだ使用可能で、販売当時の80〜90%くらいの機能を保持していることも多いです(中古品として販売されていることも珍しくありません)。

スポンサーリンク


今から太陽光発電システムを新規購入するのであれば、メーカー側が発表するシステムの寿命や耐久性は、かなり信用できるものだと考えてもかまわないでしょう。

※発表されている数字は「法定耐用年数」であることが多い点に注意したほうがいいでしょう。この年数は減価償却を行うための目安であって、寿命ではありません。20年や25年を超えると出力が少しずつ落ちていくことはありますが、家庭用電力を供給する目的であれば、十分に機能してくれます。

もちろん、ソーラーパネルだけが重要なのではありません。パワーコンディショナーのような周辺機器も重要ですが、これらの機器の寿命はソーラーパネルと比べると劣ります。

パワーコンディショナーであれば10年から15年くらいとされていることが一般的です。これらの機器については、ソーラーパネルより早くメンテナンスや交換をする必要がありますが、保障期間内に行えば、費用をかけずに終わらせることもできます。

太陽光発電は長年使っていくことに意味があります


太陽光発電システムでは、設置するときはまとまった金額が必要になるものの、その後は20年以上もの長期間にわたって電力を供給してくれます。

余った電力は電力会社が買いとってくれますし、保障制度が充実しているメーカーから注文すれば故障の際にも無償で対応してもらえます。

太陽光発電は長期的に使えば使うほど、メリットをたっぷりと引き出せるシステムだといえるでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント