太陽光発電のペイラインについて

太陽光発電のペイラインは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムのペイラインは、導入後10年〜12年くらいの時期に訪れるといわれています。設置後の発電量や、消費する電力の量がケースバイケースでまったく異なるため一概にはいえませんが、業者とよく相談して効率よく発電できる設置方法を実現すれば、10年〜12年程度でペイラインに達する可能性はあります(節電等の努力を重ねて、もっと早めにペイラインを迎える人もいます)。

※太陽光発電システムには補助金制度(現在は現在は国からの補助金はありません。地方自治体の補助金のみになります。)がありますから、設置費用を減らすことはできますが、それでも100万円以上の費用がかかることが普通です。

そのため、「最初に払った金額を回収することができるのだろうか?」「回収できるとしても、それはいつ頃になるのだろうか?」という疑問を感じる人たちも少なくないようです。しかし太陽光発電システムは電気代を節約できるほかに、収入を増やすこともできます(日中に発電した電力が余ったときは、電力会社に買い取ってもらえる制度があるからです)。

太陽光発電システムのペイラインを考えるときは、節約できる電気代のほかに売電収入にも目を向ける必要があるでしょう。

太陽光発電システムを設置しようと思ったら、最初にまとまった費用を捻出しないといけませんが、最初に払った金額を取り戻すことは十分に可能なのです。

スポンサーリンク


ペイラインを調べたいときの考え方


太陽光発電システムのペイラインを正確に計測することは簡単ではありません。最初にどれくらいの費用がかかるかは、ケースバイケースで変わりますし、実際に手に入る発電量についてもケースバイケースで変わってしまうからです。太陽光発電システムのペイラインを計算したいときは、まず次の数値を調べ出す必要があります。

太陽光発電システムの設置費用

メーカーによって、システムの規格が異なりますし、価格も異なりますが、一般家庭では3kw〜5kwの発電量を発揮するシステムを設置することが多く、85万円〜240万円くらいの金額で買えることがほとんどです。

電気代をどれくらい削減できているか

電力会社からすべての電力を購入していた時期に、どれくらいの電気代がかかっていたのかを確かめる必要があります。

売電収入

電力が余らない限り売電収入は発生しませんが、発生するケースは少なくありません。

これらのデータを揃えてから、次の計算式にあてはめてみると、ペイラインを知ることができます。

  • 導入費用÷(年間の電気代削減費用+年間の売電収入)=ペイライン(年数)

この計算を行うと、10年〜12年くらいの数値になることが多いです。

ペイラインを迎えることは難しいことではありません


太陽光発電システムは、20年以上の長期にわたって使うこともできるシステムですから、順調に使っていればペイラインを迎えることは難しいことではありません。それに、ペイラインを過ぎてからも長く使っていくことができます。長い目で見ると、太陽光発電システムはとても経済的なシステムだといえるでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント