太陽光発電には維持費(ランニングコスト)について

太陽光発電には維持費(ランニングコスト)がかかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムは、設置するとかなりの光熱費を節約できるシステムですが、精密につくられている機材であり、また長期的に使い続けるシステムでもあるため、メンテナンスを行う必要が多少あります。

ただし、太陽光発電システムの維持費(ランニングコスト)は、実際には負担する必要はありません。保障期間がきちんとしているシステムを選んでいれば、その間は無料で手入れをしてもらえるのです。

太陽光発電で不具合が発生したら?


現在の太陽光発電システムは、「メンテナンスフリー」と呼ばれることがあります。「最初に費用を投じて設置してしまえば、あとはメンテナンスを行う必要がない」という意味ですね。確かに、いったん設置したらそのあとはすべて自動的に動いてくれます。ただし、まったく何もしなくてよいわけではありません。

太陽光発電システムは壊れにくいですし、汚れにも強いのですが、毎日雨や風にさらされていれば、ときには不具合が起こる可能性もあります。定期的にきれいにするに越したことはありません。太陽光発電システムのメンテナンスは素人にはできませんから、必要に応じて導入業者と相談をすることになります。

スポンサーリンク


良心的な業者なら保障をしっかりしています


太陽光発電システムの導入は各地で進んでおり、業者も増えていますが、良心的な業者を選ぶことが重要です。良心的な業者であれば、最初に保障期間やメンテナンスについてしっかり説明をしてくれるはずです。そして、最新の太陽光発電システムの保障期間はかなり長いです。

太陽電池パネル:15〜20年前後

最近のパネルは、20年を超えても変わらずに使えるくらいの耐久性を持っていることが多いです。つまり、保障期間が終わるより先に故障してしまうことはまずないと考えられます。

周辺機器:10年前後

周辺機器は、10〜15年くらい経過したところで交換することが多いです。特にパワーコンディショナーは、修理するだけで済む場合なら、数万円〜10万円くらいで済むことも多いですが、全部を交換するとなると、20万円以上かかることがあります。保障期間が終わる前にメンテナンスをしてもらって、必要に応じて修理や交換をしてもらうとよいでしょう。

※太陽電池パネルについては10年以下の場合や、周辺機器については1〜2年程度の場合も以前は多かったようですが、最近はとても保証がしっかりとしています。保障期間の長さについても注意しながらメーカーを選ぶべきでしょう。

保障制度を上手に利用してシステムの維持をしましょう


保障期間内であれば、故障が発生したときも、メンテナンスをしたくなったときも、もちろん費用は一切かかりません(事実上、太陽光発電システムには維持費がかからないのです)。保障期間が過ぎてしまえば、その後は費用がかかりますが、その時期が来るまでは時間がありますから、保障期間終了に備えて、今後どうするのか決めていくことはできるはずです。

※保障期間をよく覚えておいて、期間終了までに保障を上手に利用して、自宅の太陽光発電システムをよい状態に保っておいてから、期間終了後の計画を立てるのがよいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント