太陽光発電の法定耐用年数について

太陽光発電の法定耐用年数は17年

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソーラーパネルの耐用年数チェック


太陽光発電を導入した場合、約10年〜12年という長いスパンで元を取っていくことになります。長期間利用していくのですから、寿命がどれくらいなのかは非常に気になる点です。

寿命を調べる際に参考となるのが「法定耐用年数」です。太陽光パネルは17年に設定されているようです。実際にはこれ以上持つと宣伝されています。

法定耐用年数とは?


長年利用する資産は、年々劣化していくのが通常です。しかし、使い方によって摩耗のスピードは違います。同じ車でも大切に乗ると20年近くもつ場合もありますよね。

スポンサーリンク


法定耐用年数とは、税法上の計算のための数字です。税金の計算をする場合、資産の価値は重要な意味を持ってきます。個々人で消耗の仕方が違う、などと言っていたら資産の計算は非常に面倒になってしまいます。

そこで、その資産がどれくらい「持つ」のか、というのを画一的に扱うようにしているのです。この年数を「法定耐用年数」と呼びます。この数字は、実際の商品の寿命とは異なるものの、ある程度は導入の際の参考にすることができます。

太陽光発電発電モジュール(ソーラーパネル)の法定耐用年数は、京セラ製のもので17年と設定されています。

太陽光発電システムの寿命


繰り返しになりますが、法定耐用年数はあくまでも税法上の計算のための数字です。17年と設定されているからといって、それだけの年数しか持たないというわけではありません。本来、太陽光発電は人工衛星・灯台など過酷な環境での電源として生み出されました。パネルの表面は、厚いガラスでコーティングされており、非常に耐久度が高いのです。

たとえば、1966年に長崎県にある灯台に設置されたモジュール。それから45年以上もの間、正常に稼働しつづけています。メーカーでは、パネルは20年以上利用できると謳っています。メーカーによっては、モジュールの発電量を25年間保証しているところもあります。

ここで注意しておくべき点が一点。17年・20年以上というのは、あくまでパネル自体の寿命だ、ということ。モジュールから送られる電気を家庭用電流に変換するパワーコンディショナー。この機械の寿命は10〜15年と言われています。この期間を超えると、部品の交換・修理などが必要となります。

パネルについても、10年を超えた場合定期的に点検・メンテナンスをすることが推奨されています。いくら頑丈とはいえ、何が起こるか分からないもの。安くはない費用を出して設置するのですから、点検などはしっかりしていきたいものです。アフターサービスはどうなのか。信頼できる業者なのかどうか、保証・補償はどうなるのか、といった点もきちんと見積もり・業者選びの段階で確認しておきましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント