豪雪地帯での太陽光発電の導入について

豪雪地帯でも太陽光発電を導入するメリットはある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電が注目されている今の時代、太陽光発電を導入する家庭は増加傾向にあります。豪雪地帯に住んでいる家庭でも太陽光発電を設置するメリットは非常に大きいものです。豪雪地帯の太陽光発電の設置は、決して他の地域に劣るものではありません。ぜひ、導入を検討してみましょう。

豪雪地帯での太陽光発電設置


太陽光発電を導入するメリットは大きく、そのメリットに魅力を感じて設置しているのですが、一部のエリアで太陽光発電の設置を戸惑っているという家庭もあるのが現状です。

豪雪地帯に住んでいる家庭の場合、太陽光パネルの上に雪が積もってしまい、本来の力を発揮せずに設置前と設置後とでそれほど違いがないのでは?と感じている方も多いのではないでしょうか?

実はこれは大きな間違いで、豪雪地帯だから太陽光発電を設置できないということはありません。確かに、太陽光パネルに雪が積もってしまうと通常よりも発電量が減少してしまうのですが、逆に豪雪地帯だからこそのメリットもあるのです。

スポンサーリンク


豪雪地帯のメリットとは?


豪雪地帯は太陽光パネルに雪が積もってしまう為、発電量は少なくなってしまいます。ですが、暖かい地域よりも電力の変換率は高くなるため、晴れた時は暖かい地域以上に多くの電力を発電するようになります。豪雪地帯は、一度晴れると長期的に気候の良い日が続くという特徴があります。このような特徴からも、豪雪地帯に太陽光発電を設置するメリットはあるといえるでしょう。

多くの電力を発電すれば、借りに電力が余ってしまったとしても、電力会社に余剰電力を買い取ってもらうことも可能です。豪雪地帯だからといって太陽光発電の導入が無意味ということは決してありません。「豪雪地帯は雪が積もるから発電しない」という間違った情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

雪が積もらない設計


太陽光パネルの上に雪が積もる心配が懸念されていますが、豪雪地帯では雪を積もりにくくするため通常より設置角度を上げて斜めに設置します。また、もともと太陽光パネルは滑りやすく雪が降っても積もりにくいのが特徴です。

大雪で雪とパネルの設置面が凍ってしまうと雪は積もり滑り落ちることはありませんが、温まり水分を含むと一気に滑り落ちますので、また発電することができます。豪雪地帯だからといって全く冬の間発電できないというわけでもありません。

ただし、設置後必ず雪の急な滑り落ちに対する危険性は考えておかなくてはなりません。雪が落ちてくる場所の確保や安全性を考えておくことが大切です。いずれにせよ導入するメリットはあります。ぜひ太陽光発電の導入を検討してみてください。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント