太陽光発電のソーラーローンについて

ソーラーローンなら低金利でお金を借りられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンが組まれているソーラーパネル


太陽光発電を導入しようとする際には、初期投資にかなりのお金が必要となります。現金で一括払いというのは、現実的に無理なご家庭もあると思います。そこで、是非とも活用していきたいのがソーラーローンです。

環境にやさしい新エネルギーの太陽光発電のさらなる普及を応援するため、銀行・信販会社などが提供している低金利のローンプラン。これを利用しないともったいないですね。

スポンサーリンク


ソーラーローンとは?


ソーラーローンは、太陽光発電システム導入のために必要なお金を安い金利で借りることができる制度のことです。各銀行や信販会社(ローン会社)が提供しているサービスです。各社が独自に提供しているローンなので、金利・返済金額などは決まっていません。

概ねの目安を紹介いたしましょう。
  • 金利:2.5〜3%程度
  • 金額:20〜1000万円程度(上限額については各社ごとに大きく異なっているので注意が必要)
  • 借入期間:1年〜15年

金利2.9%で、支払回数180回・15年返済のプランで200万円借り入れたとしましょう。この場合、月々の支払額は13715円となります。一般的な家庭の月々の電気代とだいたい同じくらいになるでしょう。

ソーラーローンの賢い使い方


<毎月の支払額>

毎月のローン返済額は、太陽光発電導入前の電気代と同じ程度にそろえるといいでしょう。ソーラー設置によって、電気代はかなり少なくなります。そうすると月々の支払いはローンの返済のみ。お金を借りている状態なのに、以前と同じ負担で生活を続けることができるわけです。

<繰り上げ返済>

ボーナスなどが入ったら、繰り上げ返済をするといいでしょう。毎月の返済額・返済期間などを減らすことができますよ。

<オール電化などとセットでローンを組む>

太陽光発電とオール電化の相性は最高です。ガスや灯油など余計な光熱費を発生させず、電気代のみに収支を集中させることができるからです。販売会社などによっては、エコシステム(IHヒーターやエコキュート)やオール電化などもセットにして扱っています。

この際、ソーラーローンの範囲で、購入・設置をすることも可能です(できない場合もありますので、事前に販売会社・ローン会社などにご確認ください)。ソーラーローンではなく、住宅ローンを借り換えて返済を一本化するという方法も可能です。詳しくは、銀行などにお問い合わせ・ご確認ください。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント