蓄電池について

蓄電池とは内部に電気を蓄えられる電池のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

蓄電池


蓄電池というものをご存知でしょうか?その名の通り、内部に電気をたくわえることができる電池です。通常の電池と異なり、何度も充電することができるのが特徴です。太陽光発電で作った電気を貯めることができるものも登場してきていますが、まだまだ実用向けとは言えないのが実情です。

蓄電池の仕組み


蓄電池は、充電することで電気を蓄えて電池として使用することができる製品のことです。充電池や二次電池と称されることもあります。蓄電池と一般の電池の違い、それは何度も繰り返し充電ができることです。化学的な作用を利用することで、内部に電力を貯蔵することができるのが特徴です。

スポンサーリンク


鉛蓄電池とリチウムイオン電池の2種類が比較的有名です。鉛蓄電池と聞いてもあまりピンとこない人がほとんどでしょう。車などに用いられているバッテリーのことです。自動車のバッテリーも、エンジンの回転を使って何度も繰り返し充電を行っています。

この意味では、バッテリーも蓄電池の一種なのです。ノートパソコン・携帯電話などに使われているバッテリーも、蓄電池の一種です。蓄電池は、時間の経過とともに自然放電される場合もあります。そのため、長期間つかわなかった場合には、再充電しなければならなくなることもあるのです。

太陽光発電と蓄電池


「太陽光発電で作った電気は、蓄えることができない」というのが、一般的な理解です。昼間に発電した分を貯蔵しておいて、夜の利用分もそれでまかなう・・・ということは、現段階では不可能です。しかし、小規模な電力なら蓄電することが可能となっています。

もっとも、照明やラジオを稼働させることができる程度の容量しかないので、日常生活で実用できるほどのものではありません。蓄電は、太陽光発電のさらなる発展のための大きな課題となっています。各メーカーが技術開発に力を注いでいます。もしも、蓄電の技術が完成したら、太陽光発電は究極の発電方法としてさらに普及する可能性があります。

※この点については、『蓄電はできるのか?』で詳しく説明をしています。

バッテリー容量については、太陽光発電だけではなくすべての分野で課題となっています。スマートフォンに変えたけど、バッテリーが全然もたない…と感じている方は多いのではないでしょうか?他の機器の技術進歩の度合と比べると、バッテリーの進歩の速度はかなり遅いと言われています。容量とサイズ、効率をいかに高めていくかが非常に難しい課題となっています。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント