システムに関すること

システムに関すること

太陽光発電システムには落雷対策が施されていますので、万が一落雷の被害に遭ったとしても、機器そのものが壊れることはまずありません。また、太陽光発電を設置すると落雷の被害に遭いやすいと考えている方もいるでしょうが、設置により落雷の影響を受けやすくなることはありません。落雷被害は増える?太陽光発電システムは屋根の上に設置しますし、金属も使用していますので、落雷の被害が増えるのではと心配することもあるでし...

太陽光発電パネルの大きさは、どこのメーカーのものを買うかによって変わります。もっとも、1枚あたりのサイズはそんなに大きいものではありません。1uを少し超えるくらいの面積を持つものが大半を占めています。一般家庭では、3kW〜5kWくらいの発電量を得られる規模で太陽光発電システムを設置することが多いですが、そのためには1uを少し超えるくらいのサイズのパネルが平均して15枚〜25枚くらい必要になるケース...

太陽光発電システムを導入するには、太陽光発電パネルを何枚も屋根の上に設置する必要があります。パネルは1枚だけでも相当の重量がありますから、それをたくさん屋根の上に置くことになると屋根の上にはかなりの負荷がかかることは間違いありません。トータルで200〜500kgくらいになることが多いです。※ただし、実際に設置するにあたってはもちろん耐久性等を確認した上で、トラブルが起こらないように配慮されますから...

太陽光発電システムの耐震性は非常に強く、強度の地震にも耐えられる設計となっています。また、耐震性以外にも、強風、豪雪、落雷などの自然災害に対する懸念もありますが、どんな自然災害にも耐えられる設計なので、心配することなく太陽光発電システムを導入ですることができます。太陽光発電システムは強い地震でも心配ない太陽光発電の導入を検討している家庭の不安要素の一つとして挙げられるのが耐震性です。東日本大震災が...

太陽光発電の設置で電磁波を心配される方も少なくはないでしょう。太陽光発電は電気を発生させます。電気に関係している以上、少なからず電磁波が発生します。これは電気を使用する電化製品すべてにいえることで、何も太陽光発電に限ったことではありません。また、太陽光発電から発せられる電磁波は極少量で、人体に影響が出るものではありません。他の電化製品程度の電磁波しか発生しません。太陽光発電は直流で発電される太陽光...

page top