太陽光発電の電磁波について

太陽光発電は電磁波を生む?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電の設置で電磁波を心配される方も少なくはないでしょう。太陽光発電は電気を発生させます。電気に関係している以上、少なからず電磁波が発生します。これは電気を使用する電化製品すべてにいえることで、何も太陽光発電に限ったことではありません。

また、太陽光発電から発せられる電磁波は極少量で、人体に影響が出るものではありません。他の電化製品程度の電磁波しか発生しません。

太陽光発電は直流で発電される


太陽光発電は説明するまでもなく太陽熱から発電します。その発電は「直流」で行われます。直流の場合、電磁波は発生しません。ですから例え生活している頭上に太陽光発電モジュールがあったとしても心配は不要です。

高度な検出器を持って、他に何の電磁波もない部屋に閉じこもれば何か検出するかもしれないといった程度の話です。普段私たちが使用している携帯電話や電子レンジの方がよっぽど電磁波を発生させています。


「太陽光発電モジュールを設置してから携帯電話の電波が悪くなった」「以前はなかったのに、ラジオにノイズが入るようになった」「頭痛がすることが多くなり、体調が悪くなった」という噂が出回っていますが、そんなことはありえないのです。

スポンサーリンク


どこで電磁波が発生するのか


太陽光発電で電磁波が発生するのは、発電された電気がパワーコンディショナーで交流電流に変換された後のことです。ですから、太陽光発電モジュールの側に近寄っても、電磁波を浴びることはありません。

またそのパワー コンディショナーにも厳しい検査基準が設けられています。特に日本国内で製造されているものに関しては、他国の製品よりも厳しい基準があります。健康に害を及ぼすような電磁波を生むような装置は、そもそも市場に出回ることはありません。

太陽光発電の電磁波は人体に影響はない


「太陽光発電モジュールを設置することによって、少しでも電磁波を出す要素があるのは不安だと」と感じられるかもしれません。ですが、太陽光発電モジュールから発生するのは、ごく微量の電磁波です。分電盤から流れる交流電流による電磁波は、今まで使用していた電力会社提供の電力と同じで、電磁波の程度も同様のものです。

私たちの日常生活には電磁波が溢れています。電子レンジやIHコンロ、玄関のドアベル、部屋の照明など電気が使用されていれば、必ずそこには電磁波が発生しています。特に携帯電話の電磁波はとても大きなものです。太陽光発電モジュールとは比較になりません。

これは「他の電化製品も電磁波を出しているから気にするな」という話ではなく、「健康に影響を及ぼすような電磁波は発生させない」ということです。小さなお子様がいる家庭でも、太陽光発電は安心して利用できるものなのです。今後学校などにも導入が考えられているほど、安全で地球にやさしい注目のクリーンなエネルギーなのです。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top