太陽光発電パネルの大きさ(設置面積)について

太陽光発電パネルの大きさ(設置面積)はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電パネルの大きさは、どこのメーカーのものを買うかによって変わります。もっとも、1枚あたりのサイズはそんなに大きいものではありません。1uを少し超えるくらいの面積を持つものが大半を占めています。

一般家庭では、3kW〜5kWくらいの発電量を得られる規模で太陽光発電システムを設置することが多いですが、そのためには1uを少し超えるくらいのサイズのパネルが平均して15枚〜25枚くらい必要になるケースが多いようです(もちろん、もっと多くなることもありますが)。

太陽光発電パネルの面積について


太陽光発電パネルの大きさは、各メーカーによって大きさが少しずつ異なります。基本的に、どこのメーカーも長方形のパネルを生産しています(ときどき台形のパネルも見かけることがありますが)。

1枚あたりの面積については、基本的に1.1u〜1.4uくらいのサイズが多いといわれています。あえて平均値を出すとしたら、1.2uくらいのサイズになるでしょう(とはいえ、1uに満たないかなり小型のサイズもかなり普及していますが)。

※縦と横の長さのどちらかが1m以上で、片方が1m未満のパネルが多いため、自然と1uに近い面積になることが多いのです。

スポンサーリンク


太陽光発電パネルは何枚くらい設置するのか?


太陽光発電パネルはもちろん1枚だけでは用をなしません。必要な発電量を確保したいならかなりの枚数を屋根に並べないといけませんから、トータルで必要となる設置面積はかなりの広さとなります。トータルの設置面積を知りたいときに大事なのは、1枚あたりの面積よりも、そのパネルが持っている最大出力です。

1.2u前後のサイズであれば、最大出力は200W前後の数値になることがほとんどです(180〜210Wくらいの最大出力を持つ種類が多いですね)。なお、ほとんどの家庭では3kw〜5kwくらいの発電量を求めて太陽光発電システムを設置します。この数値をもとに、ほとんどの家庭で太陽光発電パネルがどれくらいの設置面積になっているのか計算してみましょう。

3kwの場合

最大出力が200Wで、面積が1.2uのパネルを購入した場合です。200Wで3kwの発電量を実現するなら、次のような計算式になります。

・3kW÷200W=15
(200Wのパネルを15枚並べると、3kWの発電量に達します)

1.2uのパネルを15枚ですから、

・1.2u×15=18u

発電量を3kWにするなら、18uくらいの設置面積になるという計算ができます。

4kWの場合

最大出力が200Wで、面積が1.2uのパネルを購入した場合です。200Wで4kwの発電量を実現するなら、次のような計算式になります。

・4kW÷200W=20
(200Wのパネルを20枚並べると、4kWの発電量に達します)

1.2uのパネルを20枚ですから、

・1.2u×20=24u

発電量を4kWにするなら、24uくらいの設置面積になるという計算ができます。

5kWの場合

最大出力が200Wで、面積が1.2uのパネルを購入した場合です。200Wで5kwの発電量を実現するなら、次のような計算式になります。

・5kW÷200W=25
(200Wのパネルを25枚並べると、5kWの発電量に達するというわけです)

1.2uのパネルを25枚ですから、

・1.2u×25=30u

発電量を5kWにするなら30uくらいの設置面積になるという計算ができます。

太陽光発電の設置面積は、屋根の条件等によって変わります


上記の計算方法に従うなら、一般家庭では太陽光発電パネルの設置面積は18〜30uくらいが多いことになります。もちろん、実際にはもっと面積が必要になったケースも多く、3kWで20〜30uくらいの面積を必要としたケースもあれば、5kWで40〜50uくらいの面積を必要としたケースもあります。これらのデータをまとめると、多くの家庭では、太陽光発電パネルの設置面積は18〜50uくらいの間に収まっていることがわかりますね。

※求める発電量や屋根の形状によって、妥当な設置面積は変わります。詳細は業者と相談しましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント