太陽光発電には落雷対策について

太陽光発電には落雷対策が施されている?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電システムには落雷対策が施されていますので、万が一落雷の被害に遭ったとしても、機器そのものが壊れることはまずありません。

また、太陽光発電を設置すると落雷の被害に遭いやすいと考えている方もいるでしょうが、設置により落雷の影響を受けやすくなることはありません。

落雷被害は増える?


太陽光発電システムは屋根の上に設置しますし、金属も使用していますので、落雷の被害が増えるのではと心配することもあるでしょう。比較的雷の多い地域では、なおのことそういった心配が出てくるのも仕方のないことです。

ですが、パネルを設置したことが原因で雷の被害を受けやすくなることはありません。今の太陽光パネルには落雷への対策がしっかり施されていますので、落雷被害の多い地域でも安心して導入を検討することができます。

スポンサーリンク


過去の落雷被害ケース


落雷の被害には、いくつかの種類があります。雷には直接建物を電流が通過する「直撃雷」と、通信網や電気線などから電磁誘導によって高圧電流が入ってくる「誘導雷」、電撃を受けた建物から通信線などに電流が逆流する「逆流雷」があります。

少ないながら上がっている被害例を見ても、直撃雷が原因になった雷被害は極めて少なく、間接的な誘導雷により機器に電流が流れ込むことによって被害を受けたケースがありました。最近ではこういった誘導雷に対する対策が太陽光発電にも施されるようになってきました。

より雷被害に備えるには?


雷の被害というと、直接雷が落ちたものだけに影響があると思いがちですが、近所に落雷のあった場合、電線に一時的ではありますがとても高圧の電流が流れることがあります。その際の大きなエネルギーは、「雷サージ」となって機器や設備に甚大な被害を及ぼし、破壊・損傷させてしまいます。

その影響で電子機器も故障することがあるのです。ほとんどの太陽光発電には、回路内に避雷素子(サージアブソーバ)など誘電対策が事前に設置されており、誘導雷による甚大な被害を防ぐ効果があり対策されていますので、万が一の落雷でも機器を守ってくれるので安心です。

しかし、それとは別により落雷に備えて、避雷針や避雷器を設置することもできます。避雷器を設置することで、波高値が下がりさらに被害を受けにくくするものです。

ですから、山間部など雷が多く発生する地域などでより雷の被害を心配されるようでしたら、太陽光発電と避雷器や避雷針などを合わせて設置することで、より安心して使用することができます。設置前に業者の方に相談してみるといいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

page top