太陽光発電の直流と交流について

太陽光発電は直流?それとも交流?

このエントリーをはてなブックマークに追加

電流には2つの種類あります。一つは交流電力、もう一つは直流電力ですが、家庭で使用されている電力は交流電力です。しかし、太陽光発電で作られる電力は直流です。パワーコンディショナーという機器を使って、直流電力を交流電力に変え、家庭で使用できる電力に変換しているのです。

太陽電池モジュールで作られる電力


太陽光発電システムでは、太陽の光を太陽電池モジュールで集め、光エネルギー(直流)を電気エネルギー(交流)に変えて家庭の電気製品に使用しています。太陽電池モジュールで作られたエネルギーが全て家庭で使用できるということではありません。

パワーコンディショナーという機器で電気エネルギーに変換をして、はじめて家庭で使用できる電力となります。太陽電池モジュールが太陽の光を受けたエネルギーで発電をした電力は直流電力となっており、直流電力のままでは家庭内の電気製品に使うことはできません。

スポンサーリンク


家庭の電気製品に使用できる電力にするためには、パワーコンディショナーの力が必要になります。パワーコンディショナーには、直流電力を交流電力に変える役割があり、交流電力に変換されて初めて太陽光発電システムで作りだした電力を使えるようになるのです。

交流電力に変換する力の強いパワーコンディショナーを選択すると、高い割合で電力を使えるようになります。ですから、太陽光発電システムを検討する際には、パワーコンディショナーにも着目する必要があります。

変換効率はメーカーによって異なるので、変換効率の良いパワーコンディショナーを業者とよく相談の上、選びましょう。

電力会社で使用されている電力


日頃、私たちが電力会社から供給されている電力も交流電力です。つまり家庭で使用できる電力は交流しかないということになります。ただ、最近は直流電力を家庭でも使用できる電力になるような取り組みも開始されているようで、近い将来は全ての太陽光発電システムで作り出した直流電力をそのまま使用できるようになる日が来るかもしれません。

災害などの理由で電力会社から供給されている電気が使用できなくなったとき、太陽光発電システムで作った電力を使い、停電にも対処することが可能です。また、太陽光発電システムで作った電力が余ってしまった場合は、契約している電力会社に電気を買い取ってもらうこともできます。

これは余剰電力買取制度といい、日中電気をあまり使用しない家庭には非常に有効な制度となっています。電力会社に買い取ってもらう電力も、交流電力となります。こうした電力の違いを理解した上で、太陽光発電を導入しましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント