太陽光発電パネルの単結晶と多結晶の違いとは? | 太陽光発電まるわかり

太陽光発電パネルの単結晶と多結晶の違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電の単結晶と多結晶の最も大きな違いはその変換効率です。同じ発電量で比較すると、単結晶なら変換効率が高いため狭いモジュール面積で発電が可能になります。その逆に、多結晶では変動効率が単結晶と比べ低いので、モジュール面積が多く必要になってきます。

太陽光電池の種類


太陽光発電の中で、最も重要な部品に太陽電池があります。太陽電池はどれも同じように見えますが、この素材によって太陽電池の特徴や値段が決まってきます。どの素材が良いのかと悩んでいる方も少なくないでしょう。

さまざまな種類がありますが、太陽電池はシリコン系と化合物系に分けられます。さらにシリコン系には、単結晶型と多結晶型、アモルファス型などがあり、それぞれ違いがあります。

スポンサーリンク


単結晶型


古くから流通している太陽光発電のパネルのほとんどは、「単結晶」でできているものです。単結晶の大きな特徴は、原子分子の向きである結晶構造が単一であるために、高純度で大きな結晶になっていることです。設置されているパネルを良く見てみると、表面に割れ目など無く一律で、きれいに見えます。

これは、シリコン原子が規則的に並び、また、大きめの結晶からできているためです。さらに高純度なので、変換効率が高く、機能を最大限に活用することができます。しかし、多結晶のものに比べ、高額になるというデメリットがあります。

多結晶型


もともと多結晶は単結晶に比べ、製造コストを抑えるために作られたものです。多結晶は、太陽電池の製造過程で不要となったシリコンなどを再利用し、作り上げています。大量生産が可能で、コストを抑えることができます。

また、単結晶に比べ結晶の大きさが小さく、発電量が劣るといわれていますが、近年導入コストを抑えられることからも、多く普及しています。パネル表面を見比べてみると、結晶構造が一律でない分、まだら模様のように見えることがあります。これは複数の単結晶が混ざった状態によるものと考えられます。

選択するときには?


単結晶、多結晶ともに、どちらにもメリットとデメリットがあります。少ない面積でより多くの発電量を望むならば「単結晶」、設置の際の価格重視でしたら「多結晶」が良いということになります。注意しておきたいことは、同じ面積に対する発電量が異なるだけで、発電の性能には何らかの違いがあるわけではありません。

設置する面積やコストといった面の違いだけです。太陽光発電の設置を考える上で、屋根の面積や変換効率を考慮にいれながら、導入業者と一緒にどちらの製品が適しているのか検討するようにしましょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント