太陽光発電のトラブルについて

太陽光発電のトラブルとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電の人気は近年増加傾向にあります。ですが、その反面トラブルが増えているのも事実です。トラブルの種類は大きく分けて3つあります。1つは契約に関するトラブル、2つ目は業者側の説明不足によるトラブル、3つ目は施工業者の技術的なトラブルです。

それぞれのトラブルを回避するには、優良な業者を選択しなければいけません。業者選びは慎重に行い、満足のできる導入を心がけましょう。

契約に関するトラブル


太陽光発電システムを導入するときには、太陽光発電業者に依頼し、施工、導入という形になります。契約の際によくあるのが、金銭的なトラブルです。

「補助金で戻ってくるので実際には安く導入できます。」と契約したが住んでいる地域の補助金(都道府県や市町村の補助金)などがすでに打ち切られていたとか、「今ならキャンペーンで割引します。お得ですよ。」と本来の商品価格より高い値段で売りつけられるケースなどがあります。

ウソの情報や過剰な説明を鵜呑みにしてしまい、導入をしてから高額な金額を支払わなくてはならないことが多々あるのです。

スポンサーリンク


業者側の説明不足によるトラブル


せっかく太陽光発電を導入するのですから、より良いシステムを設置したいというのが依頼する側の願いです。しかし、業者側から十分な説明を受けていない場合、説明不足による様々なトラブルが生じる可能性があります。

「思っていた発電量が得られず、電気代削減につながらない。」「売電されたお金ですぐにローンを返済できるといわれたのに全く違う。」「太陽光発電システムは半永久的と思ったが、故障や部品交換が必要になったのに保障対象外といわれた。」など様々なトラブルが生じているのが現状のようです。太陽光発電システムは大変メリットがあるものですが、案外把握しきれていない部分も多いものです。

発電量などは、施工する屋根の形状や角度などで大きな差が生じます。また、太陽光発電システムの種類やご自分の家庭で使用している電気量によって回収期間も異なります。太陽光パネルやパワーコンディショナーの寿命や保証についても導入前にきちんと理解しておくことが大切です。

施工業者の技術的なトラブル


施工業者の腕が太陽光発電システムの導入の鍵を握っているといっても過言ではありません。導入後のよくあるトラブルは施工業者の施工がうまくいっておらず、何らかの不具合や問題が生じるケースです。もちろん、どのメーカーでも技術指導や育成には力を入れていますが、代表者が認定された後は業者任せとなっていることもあり、問題が生じてしまうケースが少なくありません。

特に問題となるのが、雨漏りや反射光の問題です。雨漏りの最も多い原因は「屋根が太陽光システムの重量に耐えられなくなり雨漏りするケース」です。機器の重さは300〜500キロといいます。屋根の規格を調査し、設置しなくては後で雨漏りを起しかねません。また、近隣家庭に対する反射光の配慮も大切です。自分の家だけの問題でなく、他の家からクレームとして後々問題になってくることもあるのです。

トラブルを防ぐためには?


こういったさまざまなトラブルを防ぐためには、信頼できる業者を探すことが大切です。契約前にしっかり説明してくれる業者を、丁寧な施工をしてくれる業者を自分自身で選ばなくてはなりません。

そのためには数ある設置業者の中から、どこにお任せするかを検討する必要があります。「一括見積サイト」などをうまく活用し、「優良な業者であるか」「確かな実績があるか」といった点を比較して、より良い施工業者を見つけてみるといいでしょう。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加


 
トップページ 無料一括見積もりのタイナビ 導入前の注意点 業者選びのポイント